スイス・ツェルマットでアルプスの大自然に満たされる

ヨーロッパ周遊16都市目は

スイス・ツェルマットです✨

アルプスの少女ハイジでもお馴染み、大自然に囲まれるスイス🗻

この自然たっぷりの国で存分に癒されます。

ツェルマットの大自然

スイスと聞いて最初に思い浮かぶのはやっぱり大自然。その自然を感じられるツェルマットでゆっくり満たされる1日を過ごします。

 

列車からの景色

 

ナポリからツェルマットへは列車です。(乗り継ぎあり)

スイスに近づくにつれてどんどん自然が増えて行きます。

車窓からの眺めは最高です。

壮大で、写真に収まりきりません。。

 

ツェルマットの魅力

ツェルマットの駅周辺はお土産屋さんなどが並んでいますが、とても小ぢんまりとした都市なのがわかります。

空気がとびっきり澄んでいます。

着いて実感する、やはりここの最大の魅力は大自然でしょう。

 

1番の名所、マッターホルンです!

山頂が雲に隠れていますが(^_^;)

駅から出て少し歩くとすぐにマッターホルンを眺めることができます。

 

お散歩

私たちの1日目はお散歩です。

買い物(ウィンドウショッピング)をしてみたり、

田舎道を歩いて散策してみたり。

買い物する場所は駅周辺のみでそう多くはありません。

クレープも食べました。笑

美味しかったです。

 

ツェルマットという街

ツェルマット。実は日本の妙高高原と姉妹提携都市なのです!!

そのため、ツェルマットの街では日本語表記をちょこちょこ見かけることがありました。

一気に親近感が湧いてしまいますね。

 

 

スイスの物価について。

さすが世界一を争う物価の高い国。物価が高いのなんの。

アパレルはさほど変わりはありませんが、食事が日本の倍です。

外食を続けていたら破産してしまいそうです。笑

 

雪山の頂き

 

 

2日目はマッターホルンを間近で見るために登山です。

登山といいつつリフトで上ります。笑

 

ここがチケット売り場。朝一で行くと空いていましたが、お昼頃には列ができていました。

 

さすが時計の国、スイス!

リフトには段階があり、1番上に行くにはチケット料金が1万円くらいかかります😲

しかしここまで来たならば頂きの景色を見ずには帰れません。

リフトを乗り継いでテッペンを目指します。

下からの景色も綺麗ですが、上から見下ろす街も綺麗です✨

半分くらいのところで。既に寒いです。

ジャケットを持っていないため、パーカーにレギンスというスタイル…😨

マイナスの世界に挑む格好ではないですね。

 

だんだんと雪景色に❄️

とっても綺麗です。

途中から、リフトからゴンドラに乗り換えるのですが、、

頂上に着き、外に出てみると下との温度の差に驚きます。

 

吹雪いていました。笑

吹雪いてるせいか、霧のせいかわかりませんが、マッターホルンは隠れて見えませんでした。。

しかし綺麗な山々を見ることができて満足です♪

次回はスノボがしたいです!

 

妙高-MYOKO-で日本食ランチ

列車に乗る前にお昼ご飯を食べました。

生姜焼きとお寿司のセット

うどん

日本食も変わらずダブルプライスです。

しかし価値あるダブルプライスで、体にしみます。

雪山の後のうどんは最高ですね。

駅からも近いので、日本食が恋しくなった方にはおすすめです。

 

素敵なホテル

スイスらしさもある美しいホテルで最高の時間を過ごせました。

快適で、木の温もりを感じることができるホテルです。

 

朝食付きです。

朝食はセルフサービス。

久しぶりに自分の好きな味付けで♪

 

ホテルの名前は
”Europe Hotel & Spa Zermatt” です。

自然に囲まれて木の香りのするホテルでの時間は最高に癒しの時間でした。

 

ツェルマット旅を終えて

ツェルマットは着いた瞬間から大好きになった街です。

大自然からたくさんパワーをもらい、終始幸せな気持ちで満たされました。

のんびりと自然に触れ、リラックスにぴったりの旅先です。

特に夏のツェルマットは快適な気候で過ごしやすかったです。

また訪れたくなる魅力溢れるツェルマット。

次回はしっかりジャケットを持参したいと思います。

-スポンサーリンク-


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です