スイスでマタニティフォト撮影

スイス妊娠出産&育児

先日、スイスにてマタニティフォトの撮影をしてきました。

マタニティフォトを撮る予定はなかったのですが、フォトグラファーである友人からのお誘いによって素敵な写真を残すことができました。

スイスには美しい自然が沢山あるので、マタニティフォトやウェディングフォト等をはじめとした特別な写真撮影にぴったり。今回の撮影に使用したもの等を記録として残していきます。

準備

撮影したのは妊娠34週に差し掛かる頃。
マタニティフォトの撮影に向けて、以下のものを準備しました。

  • ドレス
  • お花
  • クッション
  • ブランケット

準備するものは各自変わってくるとは思いますが、ドレス(好きな洋服)さえ用意ができれば撮影はできます。

今回は友人のフォトグラファーに提案してもらったテイストに合った写真を撮るため、その他のものも用意しました。

ドレス

日本のようにアパレル店が多くはないスイスですが、日本でもお馴染みの「ZARA」や「H&M」のようなチェーン店は、大きな街に出るとあるので、簡単なドレスを見つけるのには最適です。
※お店は日曜日が定休日となっているのでご注意ください。

時間に余裕のある方は、ヨーロッパ最大の通販サイト「Zalandoで注文するのも良いかもしれません。Zalandoは到着後の支払いで、気軽に返品もできるので安心してショッピングが楽しめます。

今回私はZARAにて購入。(結婚パーティのドレスはZalandoにて注文。)
身長が高くないため、海外ブランドのロングドレスは丈が合わないことが多かったのですが、今回選んだドレスはヒールを履かずにすみました。

特にマタニティフォトを考えている妊婦さんは、ヒールで底上げができないので、丈直し等についても考える必要がありますね・・。

シューズは日本で購入したペタンコのものを着用しました。

お花

お花は写真映えするアイテムのひとつ。

スイスには多くのお花屋さんがあるので、お花を見つけるのに困ることはありません。
スーパーなどに入っているお花屋さんだと安く手に入りやすいのですが、花屋として店舗を構えているお花屋さんだとややお高め。しかし、お花の種類も豊富なので、好みに合ったものが見つかりやすいです。

今回、私が購入した先は「BLUEMELADE」。


バーゼルに3店舗(AESCH/OBERWIL/BASEL)構えているので、お近くの方は参考にされてみてください。お洒落な店内には、センス抜群な観葉植物やお花などがあり、プレゼントにもぴったりです。

この中からお花を選びました。

ピンクを中心としたお花を選び、約4,000円くらいでした。

<エシュ店 / AESCH>
住所:Hauptstrasse 75, 4147 Aesch
電話番号:061-751-8288
<オーバーヴィル店 / OBERWIL>
住所:Hauptstrasse 42, 4104 Oberwil
電話番号:061-401-1012
※AESCH店&OBERWIL店はお昼休憩の時間があるのでご注意ください
<バーゼル店 / BASEL>
住所:Aeschenvorstadt 25, 4051 Basel
電話番号:061-273-2010HP:https://www.bluemeschloss.ch/home/

クッション、ブランケット

撮影時に使用する、スイスのナチュラルな雰囲気に溶け込むようなベージュ貴重のクッションとブランケットを、日本でもお馴染み「ZARA HOME」にて調達しました。
デザインの種類が豊富で、お洒落なアイテムが揃っているため、お気に入りが見つけやすいです。
季節の変わり目にはセールも行われているので、タイミングによってはお得にお買い物が楽しめます。

私たちは実際に自宅でも使用できるものを選びました。

薄手のブランケットの大きさは140cm×190cmです。

※ZARA HOMEではクッションカバーとクッションの中身は別売となっているのでご注意ください

撮影について

撮影場所と時間

自然たっぷりのスイス。スイスで撮影場所に困ることはないでしょう。
私たちは「Sissach」の小高い山にて撮影をしました。


バーゼルシティの中心地からは約30分前後。スイスの中ではマイナーな場所ではありますが、自然が多く、人混みがないのも良いところです。

スイスのアルプスや、湖での撮影も間違いなく素敵な思い出になりますね。

時間は、夜の7時から行いました。夏場で暑いことと、真昼間であると日差しが強すぎてしまうためです。サンセットは9時過ぎくらいなので、日中の写真〜サンセットタイムの写真まで残すことができる時間となっています。

自分の撮りたいイメージや場所、フォトグラファーのおすすめの時間等を考慮するのが良いですね。

撮影の流れと写真受け取り

いざカメラを向けられるとなると緊張してしまう私たち夫婦ですが、フォトグラファーからのポーズ指定のおかげで、リラックスをしながら素敵な写真となりました。

撮影者によってテイストが分かれているので、撮りたいイメージ像がある方は事前にポートフォリオを見せてもらったり、好みを伝えておくと良いかもしれません。

私たちは1,000枚以上を撮ってもらい、その中からフォトグラファーが120枚前後に絞り、色味を加工した上でデータとして渡してくれました。そこからお気に入りの写真数枚を写真屋さんで印刷しようと考えています。

出来上がった写真の中でもお気に入りがこちら。

 

この投稿をInstagramで見る

 

We had our maternity photos taken by my friend @lizagrutter who is a photographer❤︎She has taken a lot of wonderful pictures that will be our treasure. We appreciate you If you wanna take special photos in Switzerland, I really recommend her . カメラマンをやっているお友達がマタニティフォトを撮ってくれました❣️本当〜に素敵な写真ばかりで一生の思い出。Lizaがいなかったらこんなに綺麗に残せていなかった . スイスで特別な写真を残したい人みんなに紹介したい!彼女に直接でも、私にでも気軽にDMしてください☺︎技術だけでなくとっても良い子❤︎ . #switzerland #swiss #swisslife #nature #maternityshoot #pregnancyphotoshoot #maternityphotography #pregnant #スイス#スイス生活#ヨーロッパ#ヨーロッパ生活#海外生活#マタニティフォト#妊娠35週 #妊娠9ヶ月 #2020年8月出産予定#国際結婚

(@michan630)がシェアした投稿 –

想像していた以上に素敵な写真が出来上がり、感謝でいっぱいです。

ブランケット&クッションも大活躍。

おわりに

「特別な瞬間を写真に残すこと。」
人生の一瞬一瞬、特別な瞬間やふとした日常をこうして写真に残していくことの大切さを改めて実感しました。
自分の居る場所や特別な場所でのひとときは一生の思い出ですね。

スイスにも他国同様沢山のフォトグラファーが居ることと、どこを切り取っても絵になるような景色が広がっている国なので、海外ロケーションフォトを残したい方には最適な場所です。

私の友人もスイスを中心として活動しているので、ご興味がある方はメッセージをいただけたらご紹介させていただきます。(スイスのフォトグラファーの撮影費が高いことから、もっと気軽に写真を楽しめるようにと考えているそうなので、相場よりはお安いはずです^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました