【スイス・バーゼル】Basel Bad駅のカフェレストラン「Les Gareçons」キッズスペース有

スイスのレストラン&カフェ

バーゼル・バディッシャー駅(Basel Badischer Bahnhof)にある、カフェレストラン「Les Gareçons」は、朝食やランチが人気で、キッズスペースも充実。

地元食材で作られる料理やドリンクとともに大人はゆっくり、子供も飽きずに楽しめるレストランです。

バーゼル・バディッシャー駅にあるカフェレストラン

バーゼル・バディッシャー駅について

スイス・バーゼルにある鉄道駅「バーゼル・バディッシャー駅(Basel Badischer Bahnhof*)」は、バーゼルのメイン駅であるバーゼルSBBよりも一駅ドイツ寄りです。

*Basel Bad bfと略されることもある

バーゼル・バディッシャー駅は、ドイツ国境から目と鼻の先。そのため、スイスにある駅ですが、ドイツ鉄道によって営業されていて、以下のような特徴もあります。

バディッシャー駅はスイスの領内にあるが、バーデン大公国とスイスが締結した協定により、駅構内はドイツの関税領域に含まれる。ドイツ国内を移動している旅行者がバディッシャー駅を乗換駅として利用する場合は、ドイツの関税領域を離れずに済む。

Wikipediaより

駅構内ではユーロ、スイスフランの利用が可能です。

駅直結のレストラン

そんなバーゼル・バディッシャー駅にあるレストランが「Les Gareçons」。鉄道利用者でなくても利用出来ます。

レストラン専用の駐車場はありませんが、目の前に有料パーキング、周辺にも路上パーキングがいくつかあります。

駅のレストランというと、人の出入りが激しかったり、騒音があったりとなんだか落ち着けないイメージですが、ここのレストランは、駅にいることを忘れてしまうような落ち着いた空間が広がっているんです。

食材は、地元やスイス国内のものを仕入れており、野菜や果物のほとんどはオーガニック食材を使用。

スイスに来たらスイスの食材も楽しんでみてください!

レストランの雰囲気

店内席とテラス席があり、天気の良い日にはゆっくりとくつろげるテラス席がおすすめです。

店内にはキッズスペースがあるため、来客者によっては少し雰囲気が変わる可能性があります。

店内の雰囲気

レトロな雰囲気の店内。

ソファ席と

入り口入ってすぐのソファー席

テーブル席があります。

▼親戚の集まりだったため、大きなテーブル席を用意してもらいました。

テーブル席

店内にはビリヤード台やテーブルサッカーもあります。

店内に飾られる絵

コロナの影響からか、一つ一つのテーブルが離れていてゆったりとしているため、開放感を感じられる店内です。

キッズスペース

充実のキッズスペース。

キッズスペース

大人が写っているため狭く感じますが、スペースは広くておもちゃもたっぷり。

子供達は夢中になって遊んでいます。

他の子供と一緒に遊べるのも、親としては嬉しいポイントです。

一緒に遊ぶ子供達

食事の際は、赤ちゃん用のハイチェアの用意があります。

外の雰囲気

外にはテラス席と噴水のあるお庭。

テラス席

テラス席は割と広めでゆったりしています。上手く写真を残せなかったので、気になる方はお店のHPよりご確認ください。

庭

子供が飽きてしまったら、お庭で少し息抜きすることもできますね。

食事

朝食から夕食、ブランチビュッフェなど、いくつかの選択肢があり、時間帯や季節によってメニューが変わります。

メニュー

卵料理、シリアル、パンケーキ、フルーツ、パン、週末はサラダメニューなど、

朝食や昼食にぴったりなメニューが揃っています。

朝食の全てのプレートに、Zopf(ツォップ)という、スイスの編み込みパンがついてきます。ヨーロッパで主流の硬めのパンとは違って、日本人でも食べやすい柔らかめのパンです。

「フレッシュなパン」にこだわりのあるスイス人。お店のパンももちろん朝に焼き上がり、フレッシュな状態でいただけます。

▶︎詳しいメニューを見たい方はこちらからどうぞ。(ドイツ語、英語)

月曜日から金曜日の11:30-14:00の間は、お弁当の提供があります。

お弁当メニューは日替わりなので、通える方は日々の楽しみになりますね。HPにてお弁当メニューの予定表が見れます。

夜にはちょっとしたおつまみやピザなどが提供されていますが、コロナの影響で制限があり、現在は時短営業をしているそうです。朝食や昼食で訪れた方がゆっくりできそうです。

ブランチビュッフェ

土曜日の9:30-14:00には、ビュッフェ形式のブランチコースがあります。

【料金】
大人:CHF29
子供(7歳-16歳):CHF7
子供(6歳まで):無料

16歳まで子供料金なのは嬉しいポイント◎

▼ビュッフェ形式のブランチは、こちらカウンターから好きな時に取れる、セルフサービスです。

現在はコロナの影響で、食事を取りに行く際にマスクと手袋(お店で配られる)の着用が必須となっています。

食事内容はスイスの朝食に出てくるパン、サラミ、チーズをはじめとした軽食で、飲み物は水やジュースなど。

▼ワッフルやミニパンケーキを作れるコーナー。

ワッフルコーナー

ブランチには満足いくメニューでした。

日本のビュッフェを思い浮かべて行くと、品数に物足りなさを感じるかもしれません。

Les Gareçons場所詳細

住所Schwarzwaldallee 200 – Badischer Bahnhof, 4058 Basel
電話番号+41616818488
営業時間月:9:00-18:00
火-金:9:00-20:00
土:9:00-18:00
日:9:30-18:00
Google Map
HPhttps://lesgarecons.ch/

おわりに

バーゼル・バディッシャー駅は、バーゼルSBB駅に比べて利用される方が少ないかもしれませんが、乗り換えの空き時間や、ゆっくりと朝食やブランチを楽しみたい方はぜひ利用してみてください。

私が今まで行ったバーゼル内のレストランで、キッズスペースの充実度はピカイチです。お子様が飽きずに大人もゆっくりと時間を過ごせる場所として、お子様連れの方には特におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました