【スイス】日本の運転免許証からスイスの運転免許証へ書き換え

スイスの生活情報

日本の運転免許証からスイスの運転免許証への書き換えは、基本的にスイスに来てから1年以内の手続きが必要となっています。

日本の免許証からの書き換えは試験等がなく、とても簡単なので、スイスに長期滞在予定の方には早めの手続きをおすすめします。

スイス入国後1年以内は、日本の運転免許でスイス国内の運転が可能です。

※お住まいの地域によって手続きが異なることがあります。私が取得したバーゼル・ランド準州の一例として参考になればと思います。

必要な手順

日本の運転免許証をスイスの運転免許証に書き換えるにあたり、私が行った手順は以下です。

    1. 在スイス日本大使館にて日本の運転免許証の翻訳取得
    2. 視力検査
    3. ゲマインデへ書類提出

手順自体は多くなく、スムーズにスイスの運転免許へ書き換えることができたので、時間を見つけて早めに手続きをしておくと後が楽かもしれません。

日本の運転免許抜粋証明取得(翻訳取得)

州によって異なりますが、日本の運転免許の翻訳が必要なことがあります。
私は翻訳を添付せずに手続きを進めていたところ、免許が返却されて振り出しへ戻りました。(その際には郵送で日本の免許が送り返されて少しびっくり!)

在スイス日本大使館にて翻訳を取得

在スイス日本大使館にて日本の運転免許抜粋証明(翻訳)の取得が可能です。

申請時と受け取り時の二度訪問する必要があるのですが、申請に関しては郵便申請が可能。受け取り時のみ大使館を訪れる形となります。

大使館に郵送する書類は以下の通り。郵送の際には紛失を防ぐために証明証のコピーを送ることとなっています。

・日本国旅券コピー(顔写真ページ、追記ページに追記がある際にはそのページも)
・スイス滞在許可証両面コピー(もしくははスイス旅券の顔写真ページをコピー)
・有効な日本の免許証両面コピー
・郵便申請同意書
※在スイス日本大使館よりダウンロードができます。

郵送先は在スイス日本大使館。
ドイツ語での住所は以下。こちらもHPに記載があります。

Japanische Botschaft in der Schweiz
Konsularabteilung
Postfach
3001 Bern

証明書の受け取り

郵送での受け取りは不可なので、在スイス日本大使館(もしくは出張所)へ直接取りに行く必要があります。

事前に郵便申請同意書に受領予定日を記載し、予定日の前日に大使館へ電話にて確認をします。
その際は、郵送した書類の原本と手数料を持参。

・日本国旅券
・スイス滞在許可証もしくはスイス旅券
・有効な日本の運転免許証
・手数料 CHF19
※現金のみの取り扱いで、お釣りが発生しないように用意が必要です。

以上のものを在スイス日本大使館へ持ち込み、無事に運転免許抜粋証明を受け取ることができました。

視力検査

近くの眼鏡屋さん等で視力検査ができます。
検査費は約20CHFで、担当の方が機械にて検査をしてくれました。

日本では「C」の空いている方向を指していくのが一般的ですが、スイス(私が受けたところ)ではアルファベットがずらりと並べてあって、左から順に読み上げていく方式でした。

視力は片目で0.5見えていれば問題ないとのことです。

所定の書類に検査結果を記入してもらい、検査終了です。
※検査結果を記入していただく書類は自身で持ち込みが必要なので、事前にお住まいのカントンのHPからダウンロードされてください。

私が伺った眼鏡屋さんでは視力検査には事前予約は必要ないとのでしたが、店舗により異なることがあるかと思うので、時間に余裕のない方は事前に確認していく方が良いかもしれません。

書類提出

全ての書類が揃ったところで、近くのゲルマインデへ書類の提出をします。

お住まいの地域によって必要書類や提出場所が変わる可能性があるので、事前にHPでの確認をなさってください。

  • 日本の運転免許抜粋証明
  • 証明写真
  • 視力検査結果
  • 手数料(5CHF)

以上が揃った時点で提出をしました。役所の方が全てやってくれるので安心です。
ここで、日本の運転免許証原本も預けることになるので、コピー等が必要であれば事前にコピーを取っておくと良いかもしれません。

スイスの運転免許証受け取り

書類提出後、郵送にてスイスの運転免許証を受け取ります。
翻訳を土曜日に郵送で提出してから(翻訳書類を後から送付したため)、スイスの運転免許証受け取ったのが4日後の水曜日。
土日はお休みだったことも考慮して、ものすごく迅速に発行してくださったことが伺えます。日本同様、スイスの仕事の速さに脱帽です。

運転免許証と一緒に支払い伝票が同封されているので、期日までに支払いを済ませます。(後払い)

私は日本にて普通自動車免許と普通自動二輪免許を取得しているのですが、スイスの運転免許証にも同様の記載がありました。

おわりに

私の場合は不足書類(翻訳)が発生したため、少し時間がかかってしまいましたが、事前に全ての書類さえ用意できていれば簡単に運転免許証の書き換えができます。

スイスの運転免許証は何らかの変更がない限りは更新が必要がないので、一度取得してしまえば心配いらないです。
これからずっとスイスに住まれる方は、日本の運転免許証更新をせずにスイスの運転免許証で国際免許を発行し、日本で運転する。というのも手かもしれませんね。

※以上の手続きは私が2020年に行ったものです。また、お住まいのカントンによって手続きが異なる場合があるので、カントンのHP等で最新の情報を取得してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました