スイスで過ごした初めてのバレンタインデー

国際結婚&手続き

今年は、スイスで初めてバレンタインを過ごしたので、その様子を綴っていきます。

日本のバレンタインでは、女性が男性に、そして男性はホワイトデーに女性にお返しをするのが一般的ですね。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、これは日本独自の文化。海外では愛を確かめる日となっていて、男性がリードして1日を過ごす国が多いです。そしてホワイトデーはありません。国によって、男性が花束やプレゼントを用意して女性をもてなしたり、男女ともにプレゼントをしたりと様々です。

遠距離の時のバレンタイン

去年のバレンタインはスイスと日本での遠距離だったので、何もしないでいいよねと話していたのですが、彼は花束とカードを送ってくれていました。(私は本当に何もせず・・^^;)
花束は、海外から手配できる方法があるようです。宛名はスイスからではなく、イギリスからのお届けになっていました。詳細は教えてくれず・・。メッセージカードは別で郵送で送ってくれました。
遠距離ながらにできる精一杯をしてくれたことに感動。
メッセージカードの文化が強い海外の国々。スイスもそんな国の一つです。直筆のメッセージは、携帯でのやりとりよりも何倍にも気持ちが伝わるなぁと改めて実感。自分の文字として伝えるメッセージの大切さを教わりました。

スイスのバレンタイン

さて、スイスのバレンタインと言ってもカップルによって様々ですが、基本的には男性がリードすることが多いそうです。バレンタインデーには、休みを取ったり、仕事の後にはディナーへ行ったりと男性が計画してくれるという女性にはありがたいスタイル。
私たちは今年のバレンタインデーに関して、事前に何も計画していなかったことと、一緒に住んでいるので私は正直あまり期待していなかったです。笑
そして私自身体調を崩していたのでなかなか準備がはかどらずにいました。(直前になって、日本のようにチョコレート作ってプチギフトを用意。)
バレンタインの当日は夫が偶然休みを取っていたので、普段の週末と変わらずに過ごし、お昼頃にスーパーにリサイクルを出してくると出掛けていきました。するとバラの花束とギフトと共に帰宅。びっくりしながらも、やっぱりサプライズや花束って嬉しい。特別な気分にしてくれました。

サプライズディナー

「今日、ディナーを予約しているんだよね」 と。プレゼントだけでなく、さらに計画を練ってくれていました。普段は外食をほとんどしないので、サプライズにワクワクしながら、着替えて、行先不明のまま彼の車で出発です。
着いた先は、バーゼルにある「MIMI’Sレストラン」 私のことを「MIMI」と呼ぶ彼が見つけてくれた特別なレストランです。
外からはカーテンが閉まっていて中が見えない仕様になっています。

中に入ると落ち着いていて、こぢんまりとした雰囲気。お洒落をしてデートをするカップルが複数いました。
メニューはバレンタインのスペシャルコース。ドイツ語ですが、以下がメニューとなります。

【Valentinstag Menü】

Jakobsmuschel | Rande | Limette

Sellerieschaum | Wintertrüffel | Tonkabohne

Seezunge | Venere Reis | Kürbis | Schwarzwurzel | Sadran

Kalbssteak | Milke | Topinambur | Karotte | Grapfruit

Rotweinbirne | Pistazie | Mocca


テンポよく運ばれるプレートは1品1品、全て美味しくて幸せな時間でした。特に、帆立はスイスに移住してから口にしていなかったので感動ものでした。この日のシェフは2名。パンまでここのレストランの自家製です。
雰囲気や料理だけでなく、スタッフの方々も感じの良い方ばかりで、さらに素敵な空間を創り上げてくれています。

帰り際にお店からもバラのプレゼント。
終始特別な気分を味わせてくれた夫に感謝です。

スイス・バーゼルの中心地からは乗り物での移動が必要となりますが、オススメのレストランの一つです。ディナーだけでなく、ランチの営業もあります。店内の席数は限られていますが、テラス席もあるので、夏にまた訪れてテラスの雰囲気も味わってみたいです♪

■MIMI’S Restaurant

住所: Sankt Jakob-Strasse 161, CH-4132 Muttenz
電話番号: +41 61-312-2040
営業日: 火曜日-金曜日
営業時間: ランチ 11:30-14:00
ディナー 18:00-23:00
定休日: 月曜日、土曜日
※2020年2月現在の情報です

おわりに

スイスで過ごした初めてのバレンタイン。「お洒落をしてデート。」のようなことは一緒に住むとなかなかする機会がなかったので、とても新鮮で特別な時間でした。
スイスのバレンタインデーは、日本人のカップルが過ごす「クリスマス」のような雰囲気でした。スイスでは基本的にクリスマスは家族と過ごす時間なので、日本の恋人が過ごすロマンチックなクリスマスとはまた違ったしきたりです。(スイスのクリスマスは、日本のお正月のようです。)
「愛を確認し合う日」に最もらしい、バレンタインデーを計画してくれたおけげで素敵な1日を過ごすことができて感謝です。また1つ、スイスでのイベントをスイスらしく味わうことができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました