スイス人との結婚手続き①〜スイスでの結婚、日本で必要な手続き〜

国際結婚&手続き

私ごとではありますが、スイス人の彼と婚約をし、スイスへ移住が決まったので、
私が行った手続きについて記していきます。
というのも、スイス人との結婚についての情報をネット上で得ることは非常に難しく、参考にさせていただいた情報も私と違う部分があったり、何か参考になればと思い、残していくことに決めました。
このブログは旅行情報を中心にまとめてきましたが、これからは旅行情報のみならず海外生活や、ヨーロッパの情報も共有していけたらと思っています。

事前準備

私は日本、彼はスイスに住んでいます。私たちはバーゼル地区に住む予定ですが、地区によって手続きが変わることもあるので、あくまで参考として読んでいただけたらと思います。
また、私たちはスイスでの入籍予定ですので、日本で入籍される方は手続き方法が変わってきます。

結婚のためのプロセス

私は日本から、結婚に必要な手続きを済ませます。
滞在許可証の申請はスイスに行ってから行う予定なので、それについてはまた後日更新したいと思っています。また、滞在許可証申請のために犯罪経歴証明書が必要なので、取得に関して下に記しています。
申請のプロセスとしては、必要な書類を全て揃え、在日スイス大使館で書類の記入と支払いをするだけです。※スイスで婚約届を出す場合でも、日本に住んでいる場合には日本での手続きも必須となります。
簡単に言っていますが、書類を集めるのが少し面倒でした・・。

申請に必要な書類

必要な書類は以下の通りでした。事前に用意をしておくとスムーズです。

【日本人】
・戸籍謄本  1通
・住民票  1通
・婚姻要件具備証明書 1通
※上記の書類は全て6ヶ月以内に発行されたもの、また、全ての書類に「アポスティーユ証明」をつけなくてはなりません。
・パスポート

【スイス人(婚約者)】
・パスポートのコピー
・スイス人の身分事項証明書

スイス人の書類に関しては彼が用意してくれ、PDFにて送ってもらいこちらで印刷をしました。その他、必要な書類がある可能性もあるので、スイス大使館に問い合わせるのがベストだと思います。スイス大使館の方へは電話でもメールでも大変お世話になりました。
必要書類に関しては以下の在日スイス大使館HP上にも記載があるため、確認していただければと思います。
URL:https://www.dfae.admin.ch/countries/japan/ja/home/service/civil/heirat-eingetragene-partnerschaft/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%A9%9A%E5%A7%BB.html

各書類の取得方法

苦労した書類集め。1つ1つに時間がかかりました。仕事をしながらですと、なかなか難しいので、お休み等を加味しながら計画的に進められることをお勧めします。

戸籍謄本

本籍地のある、市区町村役場で取得可能です。
郵送や代理取得へも対応してくれるため、時間に余裕のある人、本籍地が離れている人でも安心です。マイナンバーがあればコンビニでの取得もできるそうです。
私は直接役所で手続きをしたため、以下記しておきます。(郵送や代理取得、コンビニでの取得については、別途お調べください🙇)

市区町村役場で取得する場合には、その場で受け取ることができ、以下のものを揃えていくだけです。

【持ち物】
・印鑑
・本人確認書類(運転免許証・パスポートetc..)

【取得までの期間】
即日

住民票

住民票は住んでいる市町村役場での手続きとなります。
私は東京都世田谷区に住んでおり、時間外や休日でも発行ができる場所があったのでとても助かりました。

【手数料】
1通300円

【必要書類】
・本人確認書類

【取得までの期間】
即日

婚姻要件具備証明書

これが1番頭を悩ませることとなりました。”婚姻要件具備証明書”と聞いても想像がつかなかったからです。
婚姻要件具備証明書は、独身であり、結婚することに問題ない旨を証明する書類。独身証明書と呼ばれたりもします。

東京都在住、本籍地は神奈川県横浜市な私はどこで取得すればいのかよくわからず・・。”本籍地の市役所で取得可能”などと記載されているところもあったので横浜市役所へ問い合わせをしましたが、「こちらでは取得不可能です」と言われました。

私は法務局で本書類取得の申請をしました。(婚姻要件具備証明書の取得は必ず本人の申請が必要なそうです。)
法務局は、居住地関係なくどちらでも対応してくださるようです。3時間前後で発行をしてくださいます。

【持ち物】
・印鑑
・戸籍謄本
・本人確認書類

【取得までの期間】3時間前後

【手数料】
無料

私は「東京法務局」にて申請。
東京法務局の方は電話から対面でも、本当に親切な方ばかりで、仕事も早く助かりました。待ち時間はないので、申請は規定の用紙に記入をするのみです。

東京法務局
住所:東京都千代田区九段南1丁目1−15 九段第二合同庁舎
電話番号: 03-5213-1234
戸籍課:03-5213-1344

アポスティーユ証明

ここまでの書類にはアポスティーユアポスティーユ証明が必要となってきます。
アポスティーユ証明とは、日本の官公署、自治体等が発行する公文書に対して、外務省に本物であることを証明してもらうためのものです。よって、外務省で申請ができます。

【持ち物】
・証明が必要な公文書(発行より3ヶ月以内の原本)
・申請書(外務省窓口に備え付けられています。)
・身分証明書

【取得までの期間】
1日

【手数料】
無料

翌日には受け取りが可能ですが、郵送で送ってもらうことも可能です。私はレターパックを用意していきました。
外務省の方は仕事が早く、すぐに申請が終わりました。待ち時間もほとんどありません。

外務省
住所:千代田区霞が関2-2-1
電話番号:03-3580-3311
最寄駅:東京メトロ霞ヶ関駅 A4又はA8出口すぐ

在日スイス大使館での手続き

ここからは実際に行った手続きに関してです。スイスで婚約届を出すために、事前に日本での手続きが必要となってきます。

スイス大使館

スイス大使館の開館時間は9:00-12:00。祝日はスイスの暦通りなので、日本の祝日でも開いています。所要時間は約1時間半かかりました。必要書類に記入をしていくのですが、日本語のものとドイツ語のものの両方に記入をしました。現地の言葉がわかる方は、日本語の方の記入は不要かもしれません。書類の記入は相手の情報も必要になってくるので、スイスは深夜となってしまいますが、連絡が取れる環境があると間違いないかと思います。

※必要書類は冒頭に記してあります。

書類はスイスへ送られ、彼の元へ連絡がきたのは2週間後のことでした。日本とスイスは仕事が早くて助かります。

在日スイス大使館(Embassy of Switzerland)
住所: 東京都港区南麻布5−9−12
電話番号: 03-5449-8400

 

料金

実際に支払いをした金額は¥25,300
日本円で、現金での支払いが必要です。(私は近くのセブンイレブンへおろしにいきました。。)
明細は以下の通りです。

Preparatory procedure marige・・16,500 JPY
Time-based fee, 30 minutes  ・・8,250 JPY
Postage(CH-abroad)       ・・550 JPY

国際結婚はお金がかかりますね。記入と必要書類の提出が終わったらそこで手続きが終了となります。

犯罪経歴証明書

在日スイス大使館ではアナウンスがなかったものの、彼に確認してもらうとスイスで「criminal records(犯罪経歴証明書)」が必要なのだそう。
これはスイスでも取得可能とのことですが、お金も時間もかかってしまうので、日本での取得をお勧めします。

私は東京都民だったので、取得場所は「警視庁」です。
入り口で用件を伝えると、担当の方が迎えに来てくれて部屋に案内されます。待ち時間はありませんでしたが、とっても冷たくドキドキ。

【持ち物】
・パスポート
・身分証
・犯罪経歴書が必要なことを証明できるもの
※私は彼に現地の役所に書類の発行をお願いしました
・相手の身分証明書(コピー等)
※警視庁にて提示するように指示されました。

【料金】無料

【取得までの期間】2週間

部屋では指紋採取等をしました。2週間後に取りに行き、外務省でアポスティーユの申請をしました。レターパックにてご返信いただけるよう、準備をしていきました。
この犯罪経歴証明書はスイスへ持参します。

警視庁
住所:千代田区霞が関2丁目1番1号
警視庁本部庁舎1階(正面玄関受付)警視庁渡航証明係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)
最寄り駅:
東京メトロ有楽町線「桜田門」駅(4番出口)
東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞ヶ関」駅(A2番出口)

日本での手続きを終えて

手続き自体は大変なことはなかったのですが、手続きに関する書類を集めることに時間を要しました。時間のない中、仕事をしながらでとてもバタバタとしてしまったので、計画的に早めに動くことを心からお勧めします。
犯罪経歴証明書以外は1日前後で発行が可能な書類が多く、また、郵送でも対応してくださる書類も多くあります。

スイスでの手続きに関しては、全てが完了し次第更新していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました