【ポルトガル】世界遺産 カラフルなお城”ペーナ宮殿”と”ムーアの城跡”

ポルトガル

世界遺産の集まる街、ポルトガルシントラの観光の続きです。
ロカ岬から始まり、レガレイラ宮殿→ペーナ国立宮殿→ムーアの城跡
を1日でまわるプランです。

世界遺産のお城と城跡

ここは”シントラの文化的景観”として他の宮殿と共に世界遺産(文化遺産)に登録されています。カラフルの外観は、ヨーロッパの典型的なお城は一味違った雰囲気です。1836年に建てられたこのお城は今もなお美しいまま残っています。

ペーナ宮殿とムーアの城跡のチケットを購入

レガレイラ宮殿からペーナ宮殿へは歩くと45分くらいかかります。坂ばかりで結構ハードです。
バスでも行くことができますが、時間のなかった私たちは、シントラの駅前でカートを拾っていきました。快適でオススメです。

チケット売り場で降ろしてもらい、ペーナ宮殿とムーアの城跡のセットチケットを購入しました。(ここに来て、ペーナ宮殿とムーアの城跡が隣にあるということを知りました。)
ペーナ宮殿とムーアの城跡の移動は簡単にできるので、セットで行くのが良いかもしれません。

早い時間はチケットを買うのに並ぶようですが、着いたのは夕方近くになっていたので、待たずにチケットを買うことができました。

ペーナ宮殿

まずは”ぺーナ宮殿”から観光しました。
ペーナについてからも数分坂をのぼるので、時間のない私たちはバスに乗りました。着いた瞬間に広がる、ディズニーランドを彷彿させるカラフルな宮殿。入り口はアラジンのような雰囲気です。


ペーナ宮殿も人気の観光地でもあるため、とても賑わっていました。
敷地は広く、中も見て回れるので見応えたっぷりです。

ゆっくり見て回るには、少しの時間では足りませんでした。

カラフルな建造物は私たちをワクワクさせてくれます。

青い空に赤と黄色のお城。とっても鮮やかです。

城内にはカフェもあるので、お城で休憩しながら、特別で優雅な時間を過ごせます。

ペーナ宮殿も高台に位置するため、眺めがとても良いです。

この日はとても風が強かったです。。

インスタグラマーの子の真似っこ。

歩いていてふと上を見上げると…

こんなモニュメントがあったりします。笑

眺めの良いスポットがいくつかあり、気持ちが良いです。

なんだか子供の頃の楽しさを思い出してくれるようなところで、記憶に強く残る印象的な宮殿でした。

ムーアの城跡

続いてはムーアの城跡です。
ここムーアの城跡も、”シントラの文化的景観”として他の宮殿と共に世界遺産(文化遺産)に登録されています。ムーアの城跡は沢山歩くことになるので、特に城跡をのぼりたい方には歩きやすい靴をおすすめします。

門をくぐった瞬間から一気に世界が変わります。緑に囲まれ、マイナスイオンたっぷりです。

自然たっぷりの舗装された道を歩きながらお目当ての階段を目指します。

平坦な道なので、それほど苦ではありませんが、道のりは長いです。

城跡へたどり着くと、すぐに階段へ足を運ぶことができます。

柵などがなかったので、高所恐怖症の私には少し怖かったです。

一歩一歩進んでいきます。
景色を楽しみながらのぼっていると、すぐに頂上へたどり着きました。

階段を上りきると、そこには絶景が待っています。

真っ青な空に美しい城跡、そしていつまでも続く地にとても感動しました。

頑張ってのぼった甲斐もあり。ヨーロッパ周遊の最終地点がここで本当によかったと思いました。

せっかくなので一度下り、ここから反対側へも行ってみました。

反対側は先ほど上った場所よりももっと高さがあり、目の前にした時は少し諦めかけましたが・・せっかくここまで来たのでやり遂げます。

先ほどいたところが低く感じてしまう!

ムーアの城跡からお隣のペーナ宮殿も見えました。(数十分前まではペーナの宮殿にいました。)
ムーアの城跡から見た景色は、忘れられないものとなりました。シントラの中で、私は1番好きな場所かもしれません。

シントラを終えて

この日1日で
ロカ岬→レガレイラ宮殿→ペーナ国立宮殿→ムーアの城跡
をまわり、40,000歩近く歩いたので疲労感に包まれましたが、短い時間の中で行きたいところすべてまわれたので達成感と満足感に満ちております。
ポルトガルと言えば首都のリスボンを思い浮かべていたのですが、シントラにも魅力が詰まっていて、見応えバッチリ。ポルトガル旅行で、是非訪れていただきたい都市です。同じ世界遺産でも、全く違った世界が広がっていて、見応え抜群です。

ちなみに、ムーアの城跡の帰りは駅までまたカートにお世話になりました。

それでは、また・・:)

▼楽天ROOM始めました☺︎
MIZU@スイス | 楽天ROOM

▼ブログランキングに参加中です。クリック応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました