【イタリア】生きている間に一度は見たい!カプリ島「青の洞窟」

イタリア

イタリアにある青の洞窟を目指して、イタリア南部に位置する都市”ナポリ”から、船で洞窟のある”カプリ島”へ行ってきました。世界的にも人気な青の洞窟、カプリ島からはスムーズに行く事が出来たので、実際に行った行き方を記事にしていきます。

カプリ島への道のり

タクシーの戦い

私たちはローマからナポリへ向かいました。ナポリには午前中に到着したのですが、カプリ島へ向かう船の予約はお昼だったので、足早に向かいます。ホテルから船着場まではすぐなのですが、そこまでの行く手段の電車やバスでは時間がかかるので、タクシーという選択をしました。
タクシー乗り場には長蛇の列。。タクシー乗り場の手前で歩いている私たちの前に一台のタクシーがとまり、料金を聞くと、30ユーロ+チップと言われました。明らかにぼったくられていると分かりながらも時間を買うことにし、そのタクシーを利用しました。 (きっと倍近く取られています)そのタクシーの運転の荒さには驚きました。。ナポリでは普通なのでしょうか。車線関係なく、逆走まで始まるのです。笑他の車も荒くて、ひやっとする場面が多々ありましたが、無事にホテルに着きました。ここでのレンタカーは避けたいと思いました。

 

ナポリからカプリ島へ

チェックインしてすぐに船へ向かいました。
ナポリには2つポートがあります。2つのポートは約1kmくらい離れているので時間ギリギリに行く方はご注意を!!
私たちは事前にネットにてカプリ島へのチケットを購入していました。
ですので、ポートにてチケットを換えます。
無事船に乗り、カプリ島へ。
カプリ島までは40分くらいです。ゆっくりくつろいでいるとすぐに着いてしまう距離です。

カプリ島から青の洞窟へ

カプリ島についてから船を乗り継ぐ


船から降りるとすぐに”LASERCAPRI”というチケット売り場があります。

ここで青の洞窟への船のチケットを買います。

1人18ユーロです。(現金のみ)(ネットで見た情報より値上げしてるな~と思いつつチケット購入。)船乗り場はそのチケット販売所の目の前にあります。

行きも帰りも同じ船に乗ります。

青の洞窟まで直行かと思いきや…
1時間かけてカプリ島を海から観光しながら船でまわってくれます!
ごめんなさい、値上げしてるだなんて言って。笑 値上げしているだけではなく、プラス観光もついています!笑
他の洞窟をみれたり、マイクで案内(英語)もしてくれて面白かったです!

青の洞窟以外のところでもこんなに水が綺麗です。

洞窟までの待ち時間…2分?

素敵なクルージング観光を1時間楽しんだ後に、青の洞窟入り口に到着です。到着すると他の船や、陸から来た人が列をなして順番待ちをしていました。ネットで見た通り”1時間くらい待つんだろうな~”と思っていました。
しかし、ボートが次々に私たちの船の方へやってきて、私たちの船の人たちはすぐに青の洞窟へ!(優先される船なのでしょうか?)
待ち時間2分くらいです。

洞窟へ入る前に料金を支払います。(支払い場所もボートの上)

ちょうどおじさんの腕で見にくいのですが、入場料とボート代で14ユーロ支払いました。船の時点でまとめて払いたいものですが、小刻みに支払いを済ませます。

いざ洞窟の中へ

頭を下げてのかけ声と共に、そこから一気に洞窟の中へ。

青の洞窟へ入るとすぐにあの光景が広がります。
とっっても綺麗です。ライトで照らされているかのように明るく綺麗なブルー。

言葉が見つかりません。。ネットで見る以上の景色がそこには広がっていました。画像とリアルは感動が違いますね。
洞窟内には何艘かのボートがいて、少し賑わっていました。笑
ある程度まで行くと、なんと、、水の中へ入っていいそうです!!!(船乗りによるかもしれないので100%とは言えません。)
外国人の方は皆さん水着を着ていたので、その理由が分かりました…。私は…がっつり私服だったので残念ながら入れず。。
水はとても深く、と〜〜っても冷たいようです。
洞窟から出ると船を漕いでくれた船乗りからチップを要求されます。3ユーロくらいでいいかな?と思っていると、スイミング代!!と。笑 私たちは10ユーロ渡したのですが、私たちと一緒にボートに乗った人たちが20ユーロ渡していて、足りないと言われたので私たちも同じ額を渡しました。笑
こう言った場合のチップの基準は難しいですね。※泳がない場合にはここまでのチップは不要かと思います。
ボートに乗って帰りは寄り道せずすぐにカプリ島へ戻りました♪

トータルコスト

ナポリからカプリ島までかかった料金は以下の通りです。

・ナポリからカプリ島…約20ユーロ
・カプリ島から青の洞窟…18ユーロ
・青の洞窟…14ユーロ
・チップ…20ユーロ

料金は常に変動しているので、大まかな目安として考えてみてください。細かいお金を持っていると便利です。

カプリ島での時間の過ごし方

往復チケットは必須

帰ってきたカプリ島

12:00 ナポリ(船)➡︎カプリ島(船)➡︎青の洞窟(船)➡︎15:00 カプリ島

こんなにもスムーズに物事が進んでしまったので時間を持て余してしまいました。笑ナポリへの船の時間は20:05。時間を変更しようにも、もう予約はいっぱいとのこと。帰りの船が取れず嘆く人も多く見かけたので、必ず事前に往復のチケットを取ることをおすすめします!!
チケットが取れなければ、泊まる羽目になってしまいます😭

カプリ島でイタリアンランチ

気がつけば私たちは朝ごはんもお昼ご飯も抜きで駆け抜けていた一日。目に留まった”Caffe Augusto”というレストランへ入りました。

カプリ島には開放的なオープンテラスのレストランが多いです。

イタリア料理の本場イタリア。パスタ・ピザを食べました。

パスタがおいしかったです♪

カプリの景色を一望

カプリの景色を一望できる、”Poazzetta”というところところへ向かいます。
船着場からは歩いて20分ちょっとなのですが…ひたすら上り坂と階段ばかりです。
のぼりきると

こんなに美しい景色が待っています。

海とカプリの街並みを一望できます。

のぼった甲斐があります。

高台に位置するここには、レストランやお土産やさん、ブランドショップなどもあって賑わっています。ジェラートを食べましたが、店内で食べるにはテイクアイトの2倍の料金を支払います。店内使用料ですね。
ここカプリ島の特産は”レモン”だそうで、ほとんどのお店でレモンのジュースやアイスなどが楽しめます。レモンを使った調味料やグッツなどのお土産も売っています。

階段を上がってすぐにあるウンベルト1世広場からは”Chiesa di Santo Stefano”も見えます。

帰りは下りで楽なのですが、Google マップに従っていくと、行き止まりの道へ辿り着いてしまいました…



(ここで行き止まり)

行きと同じ道を通るべきでした。。気を取り直して道を戻り、ようやくマリーナ・グランデ(ポート)へ。

カプリ島でのディナー

船を待ちながらディナーをしました。イタリアンの本場イタリア。どこ入っても間違いないと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。。お店のパスタ・・冷凍?日本でも食べたことないレベルでした。

右奥に写っているのがパスタです。
確かに店内にキッチンは見当たらなかったけれど…いったいどこでどうやって調理したのだろうか。大切なイタリアでの1食…😭悲しい気持ちになりました。。

でも店員さんは日本が大好きなようで、日本にいくのが夢なんて言ってくれる素敵な方でした。悪い評価をしてごめんなさい。でも、もうちょっと頑張って欲しい!!笑

カプリ島での1日の終わり

帰りはちょうどサンセットタイムで、船から夕日を見ながら帰りました。

ナポリに着く頃には真っ暗に。
念願だった青の洞窟。実際に目で見るその光景は息を呑むような綺麗さでした。洞窟には入れる日・入れない日があるそうで、夏の季節だと入れる確率が上がるそうです。
自然が作り出す神秘的な世界、機会があればぜひ訪れてみてください。

▼楽天ROOM始めました☺︎
MIZU@スイス | 楽天ROOM

▼ブログランキングに参加中です。クリック応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました