【シンガポール】一度は泊まりたい!人気No.1ホテル 五つ星「マリーナベイサンズ」

シンガポール

シンガポールのランドマーク的存在「マリーナベイサンズホテル」。
日本でもCMに使われたりと、知名度は抜群ですね。
船の形をした57階にあるインフィニティプールが特徴的で、中にはショッピングモール、巨大カジノ、レストランや展望デッキまで、1日満喫できる至れり尽くせりなホテルです。
シンガポールに来たならばぜひ訪れて欲しい、マリーナベイサンズの魅力を記事にしていきます。

シンガポールにあるマリーナベイサンズとは

東京からシンガポールまでは飛行機で約7時間。シンガポールは国全体が一つの都市となっている、東京都23区ほどの小さな国なので、回りやすいのが特徴です。

そんなシンガポールで一番の人気を誇る、リゾートホテル「マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)」。

2011年に開業し、3棟からなるホテルには2,561室もの客室があります。

マリーナベイサンズ内には、ショッピングモール、カジノ、インフィニティプール、展望デッキ、レストランなど、宿泊だけでなく、1日中楽しめるような施設がたっぷりです。

マーライオン公園からはマリーナベイサンズを綺麗に眺めることができます。

ショッピングモール

さて、早速マリーナベイサンズ内について触れていきたいと思います。

マリーナベイサンズの中には大型ショッピングモールがあり、プチプラブランドから高級ブランドまで、300を超えるショップが揃っています。
ジャンルも様々で、ショッピングを思う存分楽しみたい方にはぴったりの場所です。

ショッピングモール内は綺麗で快適な空間。

個人的なおすすめは、シンガポール発のブランド「CHARLES & KEITH(チャールズ&キース)」。
お洒落なバッグやシューズが、お手頃価格で購入できます。世界展開しているブランドですが、本場シンガポールでのお買い物が少しお得です。

日本未上陸のお店としておすすめなのは「SEPHORA(セフォラ)」と「Bath & Body Works(バス&ボディワークス)」。

セフォラは、化粧品と中心として扱っているお店。日本でもお馴染みなブランドから、ここでしか手に入らないアイテムまで、多くの取り扱いがあるので、コスメ好きの方は必見です。特にセフォラのオリジナルシリーズは人気な商品が多いです。

バス&ボディワークスはその名の通り、バスグッツやボディケアアイテムを取り扱っているお店。カラフルで香りの種類も豊富。日常や旅行などで重宝するアイテムが揃っています。ばらまき土産にもぴったりなサイズ展開も嬉しいところ。

無料で登録できる”サンズリワード・ライフスタイル会員”になると、マリーナベイサンズ内の利用で(規程あり)、駐車が終日無料になるサービスがあります。

カジノ

24時間営業の、4フロアに及ぶ豪華な巨大カジノ。プレイできるゲームの種類も豊富です。
1階は喫煙、2階は禁煙、3・4階は掛け金の高い方向けのゲームフロアとなっています。

運営しているのはラスベガスの会社ですが、ラスベガスのカジノとはまた違った、THEアジアな雰囲気。アジアの大富豪のプレイを目の前で見ることができるかもしれません。

入場できるのは21歳以上。入り口で、身分証明証の提示があるので、パスポート等をお忘れなく。

観光客の方は必要ありませんが、シンガポールの国民&永住権保持者は、カジノ入場時にカジノ入場税を支払う必要があるそうです。

SPECTRA 光と水のナイト噴水ショー

マリーナベイサンズの屋外にあるイベントプラザでは、「SPECTRA(スペクトラ)光と水のシンフォニー」という、ショーが開催されています。

光×音楽×噴水の美しいナイトショーで、美しいシンガポールの夜景を背景に、夜のひとときをさらに彩ってくれます。


数年前にリニューアルしたこのナイトショー。さらにパワーアップして帰ってきました。

宿泊者も、そうでない方も無料で観賞ができるので、ぜひ訪れてみてください♪

【ショーの開催時間】
日-木:20時 / 21時
金・土:20時 / 21時 / 22時
※1回15分間
※2020年8月現在の情報です

また、以下のレストランであればテラス席からショーの観賞が可能です。食事をしながらゆっくりと観賞したい方におすすめです。

  • Le Noir(バー)
  • Dallas Cafe & Bar(アメリカ料理/バー)
  • JustIN Flavours of Asia(アジア料理 / シンガポール料理)

サンズ・スカイパーク展望デッキでシンガポールの景色を一望

マリーナベイサンズホテル、57階にある「サンズ・スカイパーク展望デッキ」では、シンガポールの景色を一望することができます。

特にここからの夜景は絶景。

夜風が気持ち良い展望デッキは、広くゆとりがあり、混雑も少ないです。

マリーナベイサンズの宿泊者はこのサンズ・スカイパーク展望デッキへの入場が無料。宿泊した際にはマストで訪れたいですね。

【営業時間】
11:30-20:00
【一般入場料金】
大人:19.10シンガポールドル (大人)
子供:14.90シンガポールドル
※2-12歳
シニア:17.00シンガポールドル
※65歳以上のシニア
※2020年8月現在の情報です

また、展望デッキと同じ階にある「CÉ LA VI Restaurant and SkyBar」では、同様の景色を堪能しながら食事やお酒を楽しむことができます。シンガポールの夜景と共に、素敵な夜の時間を過ごせますね。(入場料不要)

宿泊

部屋タイプは様々ですが、”シティビュー”と”ベイビュー” の選択ができます。

こちらがシティビューの景色です。

世界を代表する会社の大きなビルや

シンガポールのシンボル、マーライオンも見えます。シティビューなだけあって、夜にはビル街の美しい夜景が楽しめます。

ベイビューの落ち着いた雰囲気、もしくはシティビューの煌びやかな雰囲気、お好みによってお部屋の選択ができますね。

部屋にはメッセージとともに、タオルで作ったペンギンがお出迎え。

嬉しい心遣いです。

お部屋もとても綺麗で快適に過ごすことができ、24時間利用可能なルームサービスも美味しくいただきました。

また、宿泊中に洋服のクリーニングをお願いしたところ、透明の袋に小分けされてとても綺麗に戻ってきたので驚きました。さすが一流ホテルです。

ホテル内には、フィットネス・スパ・プール・展望デッキ等の施設もあるので、ホテル内で1日中満喫することができます。

インフィニティプール

マリーナベイサンズの目玉は何と言っても「インフィニティプール」。

地上57階、世界で一番高い場所にある屋外プールで、インフィニティプールは宿泊者だけが利用できる特権です。(入場には1人1枚の部屋のカードキーが必須)

朝6時から夜23時まで利用ができます。

常夏のシンガポールは暑いですが、冷たいプールが気持ち良いです。

また、7:00-22:00の間はドリンクや軽食をプールサイドでオーダーすることができます。
プールで泳いだり、プールサイドで寛いだり・・これぞリゾートなひととき。

▼プールサイドにて注文したドリンクとバーガー。(半分食べた後に撮影。笑)

ポテトはサクサク、ハンバーガーはジューシーでとっても美味しかったです!
フレンチフライ単品のメニューもあるのですが、量は多めのお得なサイズ感でした!

▼サンセットタイム

▼ここから写真を撮るだけで、映えな写真に。

このインフィニティプールから日の入りがとても綺麗に見ることができ、1番人気の時間帯かもしれません。

日差しも日中ほど強くないので、長くプールに滞在することもできます。しかし、プールの水が冷たいがために、日が沈むと肌寒さを感じたので、寒さが苦手な方はプールサイドでサンセット・サンセット後の夜景を楽しむのが良いかもしれません。

▼インフィニティプールの前にあるレストランで朝食をいただきました。

プールエリアにはジャグジーもあるので、冷えた体を温めながらゆっくりするのにぴったり。

▼ジャグジーからはインフィニティプールから見えるシティビューとは真逆のベイビューを眺めることができます。

マリーナベイサンズ宿泊者はマストで訪れていただきたいインフィニティプール。プールで過ごす時間は極上です。

豊富なレストラン

マリーナベイサンズ内には、45を超えるレストランやバーなどがあります。
朝から晩まで、レストラン選びに困ってしまうくらいの豊富な選択肢です。

世界で有名なシェフたちが勢揃いのレストランばかりで、世界レベルの味をここマリーナベイサンズで楽しむことができます。グルメな方にももってこいです。

マリーナベイサンズ内で感動したお店は「Waku Ghin」です。以前、別記事にもまとめておりますが、日本人シェフ「和久田哲也氏」のお店で、新鮮な食材がふんだんに使われた日本料理レストランです。

お値段は張りますが、心も体も満たされる贅沢な食事をいただきました。

おわりに

訪れるすべての人が求めるものが揃っている「マリーナベイサンズホテル」。
贅沢な旅、特別な旅、ご褒美旅、親孝行旅・・等、シンガポールに来たら一度は宿泊して欲しい、おすすめのホテルです。
食事、エンターテイメント、宿泊、何をとっても間違いない、マリーナベイサンズ。
ホテル内だけでも満足でき、シンガポールの旅がさらに充実するものとなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました