【国際結婚】スイスで行った入籍と12時間の結婚パーティ

国際結婚&手続き

スイスでの結婚式・パーティが無事に終わりましたので記事にしていきます。
日本での一連の手続きに不安を抱きながらも、無事一通りのことが終わって安心しています。
日本で結婚式と披露宴を行う予定なので、スイスではパーティは行う予定はありませんでした。が、話が膨らみ、また、彼のご家族が計画をしてくれたおかげでスイスでも結婚パーティを行うことができました。※手続きについては別の記事に書いていきたいと思います。

スイスでの入籍

日本では”婚姻届を役所に出す”ことで婚姻が成立しますが、スイスでは役場にて誓いをしなければならないそうです。
その誓いには、彼の親戚家族、私と彼の近しい友人(証人者)に参列してもらいました。
大きなところではありませんが、ここで見届けてもらいます。

進行はドイツ語と日本語です。私はドイツ語が話せず、理解できないので、日本人の翻訳の方にお願いしました。(翻訳者は役場の方が手配してくれます。)
ドイツ語→日本語で同じ言葉が繰り返され、”夫婦になる”ということについて、これからの未来を共に歩んでいくにあたって、素敵な言葉をかけていただきました。

そのあとは指輪の交換です。
リングピローは、役場の物を貸してくださいます。

白いピローに赤のリボンが巻かれています。(スイスのカラーを基調にしているのかな?)
指輪は定番のティファニーにしました。私のものは日本限定モデルなので、スイスへ取り寄せをしました。笑 日本人の指に馴染みやすい、華奢なデザインです。モデル:ティファニークラシック バンドリング デザインが気に入ったのが1番の理由で、値段的にもちょうど良く、婚約指輪との相性もバッチリでした。

さて、話を戻しまして、続いてはサインです。

彼→私、そして証人者である彼と私の友人がサインをしてくれました。ここには初めて自分の新しい姓で署名します。なんだか不思議な気持ちでした。無事に皆に見届けられて式が終わると、結婚を承認してくれる証明書をいただけました。

式が終わると外でフォトタイム。役場ですが、外観が可愛く、友人が素敵な写真を撮影してくれました。お気に入りの一枚です。

外の一角のスペースで、彼のご両親が用意してくださった軽食やシャンパンをいただき、この日は終了です。

結婚パーティの準備

入籍の2日後に行ったのが結婚パーティです。このパーティには60を超える人数の方々が来てくださいました。冒頭に記した通り、当初はパーティを行う予定がなかったので、スイスに来てからバタバタでした。しかし、この結婚パーティは全て彼のご家族が計画してくれ、私は身一つで参加させてもらったので、準備というのはドレスや髪飾り、髪型などの自分のことのみです。
ドレスは日本で用意すべきだったと思いました。日本は沢山のお店があるので、選択肢が広がります。実際のお店やオンラインショップ・・情報も溢れていると実感しました。スイスでドレスを見つけるのは本当に大変で、本格的なドレスであれば容易に見つけることができますが、パーティ用のカジュアルなホワイトドレスを手にするのは難しかったです。複数のお店を周り、店員さんにどこにあるか尋ねても皆さん頭を抱えていたり・・スイスのお友達もお手上げでした。
そんな中で、色んなブランドを扱うウェブサイト「Zaland」でようやく見つけることができ、入籍の前日に届きました。アクセサリーもここで注文しました。ウェブサイトで見たドレスの丈はどれも短く、ドレスのサイズがちょうど私の背丈くらい・・。前夜に仕立てにいきました。笑
ヘアアクセサリーは友達と買い物に行った時に選んでもらいました。そして土曜日に予約が空いている美容院を探すのが困難で・・友達がヘアセットをやってくれました。心から感謝です。
ちなみにスイスのヘアセットの相場は120スイスフラン前後です。150スイスフランの美容院ならかろうじて空いていましたが、日本と違ったセンスがちょっと怖くなり、辞めました。
ネイルは、ジェルネイルキットを日本から持ってきていたので、自分でやりました。まつげパーマはバーゼルシティにて。お値段は100スイスフランくらいです。

装飾

2階建てのレストラン一棟を借りて行ったパーティ。店内の装飾は全て彼のお母さんが用意してくださいました。日本とスイスの国旗は赤と白だからと、赤と白を基調にしてくれていました。ペーパーアイテムまで全て用意してくれていて、頭が上がりません・・。それだけでなくバルーンやペーパーアイテムの所々に日本語を取り入れてくれていて、温かさを感じました。

メニュー表に書いてあったドイツ語の言葉がとても素敵だったのでここでシェアします。

「愛してると伝えるには数秒かかります。それを説明するのには何時間もかかります。そしてそれを証明するには一生かかります。」という言葉です。”愛してる”という言葉の深さを感じました。

料理

事前にこのレストランを訪れ、会場見学と料理を決めました。レストランが色々と提案してくれたので、私たちが決めたのはメイン料理のみ。メイン料理はお肉を選びました。
アペタイザーとデザートはビュッフェ形式で、メインはサーブしてもらうスタイルです。デザートの後にはウェディングケーキが配られます。

アペタイザーでもお腹がいっぱいになってしまうと心配になるくらいたくさん出てきました。
肝心のメインとデザートビュッフェの写真は取り損ねてしまいました。。
日本とは違うところは、ビュッフェは新郎新婦から取りにいくのです。日本なら、食事は後回しになってしまうものの、スイスでは真っ先に、そして完食するくらい余裕を持って食べる時間がありました。

パーティの流れ

日本のパーティよりもカジュアルで、みんなが楽しめるコンテンツが盛り沢山。
まずは食事を楽しむ→ファーストバイト→コンテンツ→ダンスの時間→おしゃべりの時間といった感じです。
食事の時間はゆっくり設けられていて、皆着席して楽しみます。時折、私たちのところへ話しにきてくれます。

ひと段落した後にファーストバイト。ファーストバイトはないと聞いていたので少しびっくりしました^^

その後のコンテンツでは、2階へ移動し、彼の兄弟が全て用意をしてくれていて、妹は私たちの生い立ち写真をまとめたものをスクリーンに写してくれました。笑いが起きるような彼の写真を用意していてくれていました。笑

弟は、椅子とりゲームを用意していてくれて、新郎新婦も参加です!この椅子取りゲームに負けた人は、罰ゲームがあり、その罰ゲームは「新郎新婦に〇〇をしてあげる」というものです。
「新郎新婦とチーズフォンデュをする」「クリスマスツリーを片付けに行く」などといった内容でした。

その後はダンスの時間。DJを呼んでいて、老若男女問わず、踊る時間です。新郎のご両親やおばあちゃんまで参加していてとても素敵な時間でした。日本との文化の違いを感じた瞬間です。日本だったらこんなダンスタイム、なかなかなさそうです。
その後は1階席に戻り、飲んだりお喋りしたりと、自由に時間を過ごしました。

フォトブースとプレゼント

会場にはフォトブースを用意し、各々好きに写真を撮って、用意してあるアルバムに貼り、メッセージを書いてもらいます。パーティの後に見ると、面白い写真や感動的なメッセージまで、とても思い出に残るものとなりました。日本でも、同じようなことができたらいいな、、と思っています。

スイスでの結婚パーティの会費は新郎新婦持ち。ゲストを招待するスタイルです。皆気軽に、彼氏彼女・友達などを連れてきたりもします。ゲストの方はプレゼントや、中にはご祝儀のように現金をくれる方もいます。これはこれでお互い気楽で良いです。プレゼントを置くコーナーが設けられ、みんなそこに置いて行ったり、直接渡したりしてくれました。
引き出物のような物は基本的にはありませんが、帰り際にプチギフトを配りました。(これも彼のママが全て用意してくださいました😭)

スイスでの結婚パーティを終えて

日本とはまた違った雰囲気の中、心から楽しめた時間となりました。文化は違えど、皆がお祝いに来てくれる結婚パーティは特別ですね。日本の結婚パーティよりも、ゲストとの距離が近いように感じました。そしてなんと、タイトルにもある通り、このパーティは、12時間続きました!!笑 ゲストと彼の家族のおかげでとても特別で幸せな1日を過ごすことができました。私の家族は、パーティがないものと思っていて、そしてこんなに大きな結婚パーティになると知らず、参加できませんでした。。
来年の日本での式をまた楽しみにしたいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました