【搭乗記】アエロフロートロシア航空 | 東京-バルセロナ間

スペイン

12月にスペイン・バルセロナへ行ってきました。サグラダファミリアなどでお馴染みのバルセロナは日本でも人気の旅行先ではあるものの、日本からの直行便がないのが残念なところ。

一方で、航空会社によって経由地が様々なので、選択肢は豊富です。

今回はロシアの航空会社「アエロフロート」を利用して東京・バルセロナ間を行き来しました。

初めてのアエロフロート利用

今回アエロフロートを選択した理由は、ほかでもない安かったから。
東京・バルセロナ間で往復約7万円で航空券を抑えることができました。
(チケット検索サイトはスカイスキャナーを利用。)

おそロシアなどと書いている記事を事前に見たりしていたので、ドキドキな搭乗となりました。
様々なハプニングも発生したので、以下搭乗記をお楽しみください。

成田からバルセロナへ

今回搭乗した飛行機は

<アエロフロートロシア航空(SU261 SU2512)>
成田国際空港→(経由)モスクア→バルセロナ・エル・プラット国際空港

というルートです。

エコノミーの預け荷物は1つまで。重さの上限は23kg。
冬ですと荷物がどうしても増えてしまいがちですが、スペインで買い物をすることも考えて、荷物は最小限に抑えていくべきですね。

機内での時間

飛行機に搭乗すると

  •  スリッパ
  • 耳栓
  • リップクリーム
  • アイマスクのセットをいただけます。


乾燥しがちな飛行機の中、リップクリームは嬉しいですね。

機内食のメニューはすでに座席に配布されていました。

Good bye, Japan!

安定してくると早速機内食が配られます。昼食です。

安定の日本発便クオリティ。美味しくいただきました。

ロシア上空でしょうか。とても綺麗です。

飛行機から見る美しい景色が楽しめるのは、窓際の席の特権ですね。

消灯後、しばらく経つとアイスクリームが配られました。
バニラorヨーグルト。何が出てくるのか気になったので、私と母で1つづつ頼んでみました。

スーパーカップとフローズンヨーグルト。私的にこのフローズンヨーグルトが美味しくてオススメです!!さっぱりしていて、食後にも寝起きにもぴったり。個人的にも買いたいくらいです。

そしてまたしばらくすると夕食の時間です。


夕食も母と違うものを頼んでみました♫夕食は洋風でした。

モスクワでの乗り換えは戦場

美味しかった機内食に満足して到着したモスクワ。

すっかり夜になっており、雪景色が広がっていました。

飛行機から空港はバスで移動。バス待つ間に雪がパラパラと降り注ぎます。

モスクワでの乗り換えはごった返してて…何だか想像を超えるものすごい光景が広がっていました。空港がすし詰め状態。

並ぶレーンもなく(並ぶ様子もなく)、手荷物チェックに向かって人が押し寄せ続ける。日本ではありえない光景、そして何回も飛行機に乗っていますが初めての経験に開いた口が塞がらなかったです。
母はその光景に驚きながら人混みの渦に巻かれていましたwww

フライト間に合わないよーって人が続出。みんな怒る。叫ぶ。まさに戦場です。

乗り換え時には再度荷物検査等があるので、時間に余裕がないと大変ですね。私たちも乗り換えは1時間半しかなかったのですが、とってもギリギリでヒヤヒヤしました。

モスクワからバルセロナへの飛行機…

ようやく飛行機に乗って一息つくと、、

一向に発つ様子のない飛行機。放送ではもう少しで出発と何度も言っているのに動く気配ゼロ。

1時間…シートベルトも外せずぽけーっとしてました。
2時間…この飛行機に何か問題が?それとも天候?

周りの人たちがだんだんイラつき始めてヤジを飛ばしていました。笑 外国人はメンタル強い。

そして待つこと3時間…本来ならばバルセロナについている時刻。
貴重な時間が刻一刻と過ぎて行って、ずっと座ったままの状態もなかなか辛いです。

そして3時間を過ぎた頃に、やーーーーーっと出発しました。長かった…。本来の倍の時間をかけてバルセロナに向かいます。

こんな機内食が配られました。

個人的には苦手なもののオンパレードでした。

バルセロナで深夜のタクシー

22時半に着く予定がバルセロナの空港に着いたのは午前2時近く。この3時間は大きかったです。

空港を出て早速タクシーを捕まえます。
流しのタクシーもありますが、マイタクシーというアプリでタクシーを呼びます。Uberと同様、アプリで目的地まで入力すると自動的にタクシー手配ができ、精算もアプリ上で完結することができます。(現金・クレジットカードにて支払いができるのですが、クレカの情報を事前に入力しておくと自動で引き落とされるのでオススメです。)

空港から市街地へは深夜だったのでスイスイ。しかしその分深夜料金だったので割高でした。(トータル6,000円くらい)

スペインはチップ制度が厳しくないようですが、スーツケースもあったため、感謝を込めて2ユーロをドライバーに渡しました。チェックインを済ませてシャワーを浴びてこの日はバタンキュー。

日本語で予約できる空港からの送迎

楽天のVoyaginではバルセロナ(エル・プラット)空港からの送迎を、事前に日本語で予約することができます。

タクシーを捕まえて現地ドライバーと会話をしなくてはならなかったり、値段も渋滞の時間や夜間料金などで前後することを考えると、とても安くて安心です。

■料金
1-2名:2,885円
3-4名:1,442円

チップ、高速料金等も含まれています。

こちらから予約

おわりに

長いフライトとなりましたが、無事にバルセロナまで到着。
モスクワで3時間待たされたことを除いては、快適なフライトでした。

帰りのフライトでは、東京到着時にスーツケースが届かない事件が発生。雪の影響で、スーツケースはモスクワとのことで後日郵送にて自宅へ届きました。

ハプニングだらけのフライトでしたが、結果オーライ。冬のフライトは雪の影響で遅延したりなどの予期せぬ事態が起こり得るかもしれませんのでご注意を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました