【留学準備】ルームシェア / ホームステイ / ロサンゼルスでの家探し

LA留学

留学するにあたって必ず通る道 ”家探し”
日本とは違った海外の賃貸情報、英語で契約?不安だらけですよね。

今回は、アメリカ・ロサンゼルスに留学した際の物件探しの情報を書いていきたいと思います!

初めの1ヶ月は日本からの契約

まず、私は語学学校を決めた際にその学校提携のホームステイを1ヶ月申し込みしました。
学校が提携しているのは
・ホームステイ
・寮のようなアパートメント
の2つからの選択でした。

ホームステイ先は学校が決め、
アパートメントは2つの物件から好きな方を選べます。

私はまず、
・一人暮らしをしていたことと
・慣れるまでは自分の空間が欲しい
と思い、”プライベートルーム”という選択をしました。

はじめはアパートメントに住もうと考えていたのですが、
アパートメントの2人部屋とホームステイの1人部屋の料金が同じだったこと、(アパートメントの1人部屋はえらく高いです)

”外国の方の家に住む”
そんな経験は一生できないかもしれない
せっかくアメリカに住むのだから海外の生活を体験してみたい!

と思い、ホームステイに決めました。

ホームステイ先のルール

LAについた当日、LAX空港まで現地のエージェントの方が迎えにきてくれて、ホームステイ先まで送ってくださいました。
英語が喋れなかった私にとっては大助かりでした。

エージェントの方がホストマザーと話してくれて、翻訳をしてくださり、とりあえずNice to meet you!なんて言いながら即生活がスタート。
ここの家はホストマザーが一人で住んでいました。

家は平屋で、リビング、キッチン、お風呂、ホストマザーの部屋、私の部屋、ルームメイトの部屋があります。私の部屋は家を出た娘の部屋、ルームメイトの部屋は家を出た息子の部屋でした。

ホームステイ先にはそれぞれルールがありますが、
私の家のルールは
・22時までにシャワーを浴びる。(1日1回、10分程度で済ませる。)
・キッチン使用不可(電子レンジも)
・洗濯は金曜日か土曜日に1回(指定の洗剤を買わなくてはいけない)
といったものでした。
今まで1人暮らしをしてきたので慣れるまで多少なりとも不便に感じたのは事実です。笑

ホストマザーは気さくな人で、英語を話せない私にも1日に1回、もしくは2日に1回は話しかけに部屋にきてくれました。

朝夜の食事をつけることもできたのですが、その分料金が上がることと、口に合わなかったら嫌だと思い、私は朝食だけをチョイス。

朝ごはんは簡易的な感じで、シリアルやパンが置いてあったり、バナナ、牛乳、ヨーグルトなどから自分の好きなものを食べるというスタイルでした。

夕飯は買って食べるか友達とレストランで済ませていました。初めの頃は夜はしっかり家にいるようにしていたので、近くのスーパーでサラダやサブウェイが多かったです。
キッチンが使えなかったので、そのまま食べれるものをチョイス。

私のルームメイトはビリーというスイス人の女の子で、一緒に暮らしたのは2週間ほどでしたが、大好きなルームメイトです💗

毎朝一緒に学校へ行っていました。しかしこの時英語が全然喋れなかったので普通の会話すらままならず、不甲斐なさを感じました。

会話もままならぬまま学校のイベントに一緒に行ってくれたり、最後は手紙交換したりして涙のお別れをしました。”スイスに行った時にビリーと話す”ということが私の1つの目標となりました。

アパートメントでの生活

学校提携のアパートメントにはたくさん友達が住んでいたので何度もお邪魔しました。
見晴らしの良いベランダがあったり

プールがついていたり
 
プールサイドにはバーベキュースペース。

ジムまであります。もちろんWifiも。(ホームステイ先どこの家庭にもあります。)

そしてジャグジーまであったりするんです。

設備は最高です。掃除も毎週入ります。

時には…溜まり場にもなります。笑 よくみんなでホームパーティをやっていました。
 
ルームメイトによってはとっても充実した日々が送れます。
他人と同じ部屋でも構わない、柔軟に対応できる方にはオススメです。

日本人基準で考えてしまうときついこともあるかもしれません。
やったらやりっぱなし、洗い物は放置、冷房が寒すぎる、そういったことで悩む日本人の友達を数人見かけました。

どこで家を探せばいいの?

さていよいよ家探しです。
私は、アメリカに着いて1ヶ月の間に家を決めなくてはならないというタイムリミットがありました。

初めの1週間は慣れることに必死。2週目からなんとな〜く調べ始める。3週目から本腰を入れました。
日本にいた時に、『アメリカではみんなネットの掲示板みたいなところで探して直接契約するんだよ〜』なんて聞いていましたが、これは本当でした。
私が探した場所は
・びびなび
・Craigslist (housingのroom/shredから探してみてください。)
の2つです。
どちらもインターネットサイトで、びびなびは日本人向けサイトなので全て日本語で書いてあり、わかりやすいです。

一方、クレイグスリストは外国人向けなので英語で書いてあります。両者とも物件だけでなく、物の売買が気軽にできたりもします。(帰国時に物を売って帰りました。)

二つを見比べながら、私がいいと思う物件が見つかったのはCraigslistです。
幸いにも日本語表記があり、理解もできました。(前の住居者が日本人だったのと、オーナーが日本人を希望していたようです。)
そして私は英語も喋れないのにお家見学へ強行突破しました💦
私の行ったお家は、50歳位のイギリス生まれのアメリカ人のお父さんと、17歳の娘さんが暮らしていて、1部屋貸してもらえるという条件でした。

お家を見学し、オーナーも優しそうだったので「ここに住みたい!」と意思等をグーグル翻訳を駆使して話しました。

面倒見がとってもいい方だったので、引っ越しも迎えにきてくれたり、自転車組み立ててくれたり、夏にはプールを作ってくれたり…いつも気にかけてくれる素敵なオーナーでした。
しかしアメリカでの部屋の貸し借りは、個人での契約になるので注意が必要です。
中には悪い人もたくさんいます。

友達の中ではお金を振り込んだきり音信不通になってしまったり、住んでみたら写真と全然違った、条件が違ったなどといったケースもあります。

また、女の子1人で見学に行くのは危ないよと見学に行った後に忠告されました😅
できる限りお友達と見に行くことをオススメします。

また、英語がわからないうちはびびなびなどで探すことをおすすめしたいです。

引っ越しにかかる費用と家賃

・家賃
・デポジット
この2つは必要になることが多いです。
家によっては別途で光熱費がかかることもあります。
デポジットは敷金のようなもので、住む前に保証金として1〜2ヶ月分を渡します。

個人間のやりとりなので、日本のように礼金やその他手数料等かからないのは嬉しいです。身軽に引っ越すことができます。
ちなみに私の家はデポジットなし、光熱費・wifi込み、$844で、立地も良く、駅も徒歩1分でとても便利でした。部屋はプライベートルームです。

ホームステイや学校提携アパートメントは$1000を超えてくるので、自分で部屋を探した方が節約できます。

素敵な生活を送るための注意点

住居は大切です。
治安、立地、値段、一緒に住む人、全てを考慮して慎重に選んでください。(時に勢いも大切ですが・・。)

アメリカは日本とは違って引っ越しが簡単に行えます。特に留学生は身軽なので無理に嫌なところに住み続ける必要もありません。

また、学校契約の寮やホームステイは高いです。長期で行く方は自分で探すとグッとコストを削減できますよ♪

生活を送るのに大切な住居探し、素敵なお家を見つけて素敵な海外生活を送ってください✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました