【ドイツ】ベルリン”での1日観光 〜ベルリンの壁・その他観光・おすすめレストラン〜

ヨーロッパその他の国

ドイツの首都ベルリン。
街は栄えながらも、ベルリンの壁をはじめとした多くの歴史を感じることもできる街です。
そんなベルリンで観光した場所と、美味しいレストランについて記事にしていきます!

ベルリン観光

ハンブルクからベルリン。ベルリン市内の移動方法

ハンブルクからベルリンまでは列車で移動しました。所要時間は2時間かからないくらいです。

ベルリン中央駅はとても栄えていて綺麗。レストラン、カフェ、買い物だってできてしまいます。

ベルリン市内は自転車で移動しました。
観光地を見て回るのに、歩くには距離があり、交通機関を使うのは少し面倒。
時短したい方にはレンタル自転車がおすすめです。町中にレンタルサイクルがあるので簡単に自転車をレンタルすることができます。

ブランデンブルク門 -Brandenburger Tor-

存在感のあるベルリンを代表する門。
1791年に建設されたブランデンブルク門は東西ドイツ統合の象徴でもあり、ベルリン観光で外せない観光地の一つです。

そのため、沢山の人で賑わっていました。
表側では人がたくさんで上手く写真が撮れなかったため、裏側から撮りました。

<ブランデンブルク門>
住所:Pariser Platz, 10117 Berlin

国会議事堂-Reichstang Building-

大きくて美しい国会議事堂。

ここも人気の観光地の一つで、大勢の観光客で賑わっていました。
国会議事堂内の見学も可能。事前にウェブでの予約ができます。
見学は大変人気があるので、余裕を持って予約することをオススメします。

<国会議事堂>
住所:Platz der Republik 1, 11011 Berlin

ベルリン大聖堂 –Berlin Cathedral Church-

荘厳なベルリン大聖堂。ドームの美しい建物です。

有料ではありますが、中に入ることも可能です。
階段で最上階までのぼると、ベルリンの市内を一望できます。

目の前には芝生が広がっていて、ゆっくりくつろぐ人々を多く見かけました。ゆっくりと時間が流れるこの場所で少し休憩をするのも良いかもしれません。

<ベルリン大聖堂>
住所:Am Lustgarten, 10178 Berlin

チェックポイント・チャーリー -Checkpoint Charlie-

第二次世界大戦の後の冷戦時代、ベルリンが東西に分断されていた時にその二つの境界線上にあった国境検問所です

1961年から1990年までの約30年間存在していたそうです。


検問所の屋根には米軍兵士の写真が、反対側にはロシア軍の兵士の写真が掲げられています。
実際に兵隊さん(モデルか本物かはわかりません)が立っていて一緒に写真を撮れます。(有料です。)

<チェックポイント・チャーリー>
住所:Friedrichstraße 43-45, 10117 Berlin

ジャンダルメンマルクト-Gendarmenmarkt-

ベルリンにある美しい広場。広場内にはコンサートハウス、ドイツ大聖堂、フランス大聖堂などがあります。
夜も綺麗なスポットですが、陽が落ちる前にギリギリ訪れることができました。

この銅像は、詩人フリードリヒ シラー。

クリスマスシーズンになるとこの広場でクリスマスマーケットが開かれているそうです。

<ジャンダルメンマルクト>
住所:Gendarmenmarkt 1, 10117 Berlin

ベルリンの壁

1961年から1989年までベルリン市内に存在したベルリンの壁。
私たちの記憶にも強く残り、世界の歴史に刻まれているベルリンの壁は、ベルリンに来たら外せない観光地の一つです。

このベルリンの壁の跡地では、実際に壁が崩壊された跡地、崩されずに残っていた壁を間近で見ることができます。

その場に史料や映像もあるので、ベルリンの壁の歴史について理解を深めることができますね。

第二次世界大戦後に東と西に分割されてしまったベルリンですが、唯一ここベルリンでは東と西の行き来が自由でした。
そして経済の発展等から、東ドイツの人々は西ベルリンから西ドイツに逃れていました。しかしあまりにも西ドイツへ逃れる人が多く、東ドイツに深刻な影響を及ぼした為に、逃れることのできぬこの壁を作ったのです。

この歴史を改めてよく学ぶと、とても興味深かったです。


遠くから見るとそれほどた高さを感じられませんが、近くに行くとこんなにも大きいです。

この壁は簡単に越えることはできないでしょう。目の前には住居もあります。

ここが崩壊した、壁のあったところです。

この歴史を忘れない為に、いつまでもあり続けて欲しいと願います。

<ベルリンの壁>
住所:Mühlenstraße 3-100, 10243 Berlin

地下鉄

ベルリンの地下鉄の様子。地下鉄はとても便利で、電車もよく来ます。
遠くへの移動には大変便利です。

ヨーロッパの電車は静かでマナーがなっているように思います。

ベルリン〜レストラン編〜

「Bocca di Bacco」にておしゃれなイタリアンランチ

ランチに訪ねた、お洒落なイタリアンのお店。
お店の名前は”Bocca di Bacco”

お腹がそれほど空いていなかった為、2人でパスタとカルパッチョをシェア。
料理も美味しく、スタッフの方も親切。

お値段はお高めですが、美味しいイタリア料理を探している方にはおすすめのレストランです。

日曜日が定休日なので、ご注意ください。

<Bocca di Bacco>
住所:Friedrichstraße 167-168, 10117 Berlin
電話番号: +49 30 20672828
HP:公式ホームページ

ベルリンで訪れた日本の居酒屋「Gingi’s Izakaya」

ベルリンでのディナーは恋しかった日本食に決定。
近くを歩いていたところ、たまたま見つけたのが「Gingi’s Izakaya」。

名前の通りに、雰囲気もメニューも居酒屋なんです。
食事はどれも美味しく、日本の味。店内はこぢんまりとしていてアットホーム感があります。
お店の方も温かく、食事と共にほっとできました。お刺身がおいしかったです!

ベルリンで和食が恋しくなったらぜひ訪れてみてください。
ドイツ語ですが、HPから予約もできます。
定休日は月曜日なのでご注意を。

<Gingi’s Izakaya>
住所:Rykestraße 45, 10405 Berlin
電話番号: +49 30 44049397
HP:公式ホームページ(ドイツ語)

ベルリン観光を終えて

ベルリンは今回の旅行で訪れた行ったドイツの中で1番栄えていたように思います。(と言っても大都市ばかりに行っているのでどこも栄えていますが…)
ベルリンを最後に、6日間のドイツが終わりました。
ドイツは環境が良く、この国なら住めるな〜と思えるほど。人も優しい方が多く、ご飯も美味しかったです。

ドイツへ行ったらぜひドイツ料理を、そしてビルケンシュトックで自分へのお土産を買ってみてください♪
また、ドイツではたくさんの歴史を目の当たりにすることができました。
現在では感じることのできない第二次世界大戦を美しい建築物から学ぶことができ、とても勉強になりました。

6日間ドイツにいたのでなんだか離れる時には寂しさも。また来たい国です。

それではまた♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました