シンガポールからフェリーで1時間。インドネシアにある島”ビンタン島”へ日帰り旅行

東南アジア

シンガポールからフェリーで約1時間。インドネシアにあるビンタン島へは日帰りで気軽に足を運ぶことができます。スパ、ゴルフ、シュノーケリング、マングローブ、ビーチアクティビティ…リゾートならではの楽しみ方で、またシンガポールとは違った雰囲気を満喫できます。

ビンタン島でスパを楽しむ日帰り旅行

ビンタン島は宿泊する人も多く、ホテル内で色々楽しめるようですが、私たちは日帰りだったのでスパを予約していきました。(ホテルとフェリーチケットを予約)

フェリーでの移動

フェリーチケットは事前に予約しました。チケットの予約はホテルのフロントスタッフに助けていただきました。
乗り場には1時間前には到着するようにいきます。ちょっとVIPを味わえる。”エメラルドクラブ”はおすすめです。

ラウンジへ入れたり、列に並ばずに船に乗り降りできたり、荷物なども優先されるようです。値段も、普通のチケットと大きくは変わらないです。

シンガポールから出国の際に、一応国を跨ぐので入国審査や荷物検査などがあります。(日帰りだった私たちはかなりの軽装でした)

フェリーへ。

エメラルドクラブは2階の席で眺めがいいです。日本人の方も多く見かけました。(皆さんゴルフを楽しまれるそうです)

1時間ですぐにビンタン島へ到着です。

ビンタン島の街並み

フェリーを降りると客引き?のような人たちやツアーの人たちが待っていました。そんな中勧誘に引っかからないように必死でしたが、ドライバーがそこに混じっていました。笑 警戒してごめんなさい。
送迎車車へ乗り、スパを受けられる施設へ出発。車内は私たちだけでした。

運転手さん『1時間かかるよ😋』
てっきり島についてリゾートが広がっていて…なんていうのを想像していました。私たちの目的地は離れたところにあるそうです。田舎道をどんどん進んでいきます。

狭い道なのに飛ばす飛ばす。笑慣れているのか、ドラテクは確かにありました。笑
道中にはビンタン島の街並みを見ることができます。
ここは綺麗なお家。

ですが、こんなにいいお家は他に見ることができませんでした。
シンガポールからほど近いのに全く違った景色が広がっていて驚きました。ちゃんとしたお家は少なく、日本とは全く違った景色。ボロボロのサッカーボールをみんなで楽しそうに追いかけていたり、大切なことを教えられる反面、日本がどれだけ恵まれているのかも感じました。

スパへ到着

1時間後無事到着。

到着したはいいものの、私たちの想像していたスパとは違った…笑

すごくネイチャーな感じ!

連れて行かれたここが本当にここスパなのか、少々不安になりました。笑

案内してくれた人についていきます。

すると素敵なヴィラが現れて安心😌

ヴィラの中ではウェルカムドリンクを飲みながら女性スタッフさんが説明をしてくださいました。

オイルを決めたり(種類が豊富です)

スクラブを決めたりします。

そして施術へ

2人同時施術も可能です。

ここでショーツに着替えます。

オイルマッサージに癒されたのちに全身スクラブをしてもらい、全身ツルツルになりました♪

施術後

終わった後はシャワーを浴びて、インドネシアの伝統である日本でいう折り紙のような遊びを体験させてもらいました。簡単だけど難しかったです。左がいただいたもので右が私が作ったもの。

なかなか難しかったです。

このリゾートの入り口へ戻るのにボートに乗せてもらいました。

素敵な時間が流れます。

インドネシアでしか出来ない経験をたくさんさせてもらって大満足です。

ご飯

施術後はご飯を。魚、鶏肉、豚肉からの選択ができ、私は魚を選びました♪

セットとココナッツか出てきて美味しかったです♪ココナッツはこのリゾートで取れたものでとても新鮮です。スプーンで食べることも出来ます。

食べている間も緑に囲まれてとても気持ちがいいです。

お店のメニュー。

ちなみに2017年5月現在、1USD=13306ルピアです。(この島ではシンガポールドルも使えるところがほとんどです。)

島の海はもっと綺麗なようですが、この日の前日に雨が降ったために濁っていました。

本来、ビーチアクティビティも楽しめますが今回は見送ることに。また迎えにきてもらい、2時半頃フェリーに乗ってシンガポールへ戻りました。

至福の一時だった

今回私たちが体験したのはスパのみでしたが、ホテルで受けるようなスパとはまた違った特別な体験ができました。喧騒から離れて、心も体もリラックスできて大満足です。次は、マングローブツアーやシュノーケリングも楽しんでみたいです。
シンガポールからたったの50分でいけるビンタン島。シンガポール旅行と共に是非楽しんでください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました