【1ヶ月ヨーロッパ周遊】持ち物・携帯・おすすめアプリ

ヨーロッパ

1か月に渡ったヨーロッパ周遊。12ヵ国24都市を周りました。
30日間で24都市なのでざっと計算しても弾丸なことが伝わるかと思います。様々な土地で色んなものやこと、人や食べ物、文化に触れて多くの事を学び、大きく成長できた旅になりました。
そんな中で必要だったもの、重宝したものをご紹介します。

ヨーロッパ周遊に必要なもの

移動が多く、かなり弾丸で回ったので体に負担がかかり、体調を崩すこともありました。(その前に崩していたのが原因の1つでもありましたが(^_^;))食欲が湧かないときや、寝ても寝ても疲れがとれないこともありました。時差により自分が何時を生きているのかも不思議になったり。でもそんな疲れもものともしない、日々の楽しさや新鮮さがありました。
”毎日新しいことに出会う。”
なかなかできない経験です。毎日がワクワクで新鮮で、毎日が勉強でした。美しい景色や建造物、その反面で戦争の爪痕や文化や歴史も学ぶことができました。ネットで見るだけでなく、実際に自分の目で見て自分の足で歩いて、それでこそわかることもたくさんありました。
さて、事前準備に役立てればと、少しだけ情報を載せておきます。

持ち物

1ヶ月の旅のお供はスーツケース1つとリュック1つ。持ち物は最低限で。
洋服や下着はホテルの石鹸で洗って干しておくことが多かったです。ホテルは乾燥しているので次の日には乾きます。服は着回しのしやすい服5日分くらい。それにドレス1着。
靴はスニーカー、ヒール、ビーチサンダル。
どうしても必要なものは必要な時に購入できますのでご安心を。
薬だけは日本から持参することをおすすめします💦体調が悪くなった時に、病院へ行かないと薬を買えない薬局がたくさんあり困りました。

現地で使う携帯電話は?-SIM?それともwi-fi?-

私は、SIMフリーの携帯を日本から持参して、ブリュッセルについた時にヨーロッパ全域で使えるSIMカードをブリュッセル国際空港で買いました。(スイスだけは使用範囲から除外されています。)
普段はソフトバンクを使っているので、この1ヶ月は自分の番号は封印です。今の時代はSNSで全て完結してしまうのでそれほど支障はありませんでしたが、普段から電話やショートメールをする方は要注意です。
海外で使えるSIMカードは日本でも購入できます。アマゾンで購入できるので、英語が不安な方は事前に日本で買っていくことをおすすめします。
wifiレンタルを考える方も多いかと思いますが、
長期の場合はSIMカードを買ってしまった方が、wifiをレンタルするよりも安く済むのです。
また、SIMフリーの携帯かどうかは事前に日本で調べてから行った方が安心です。特に、新しい携帯に変えた方はロックがかかっている場合が多いので注意です。

移動手段

飛行機、列車、電車、バス、タクシー。全てを駆使しました。
定番の“Google map”は優秀でかなり助けられました。移動手段がわかりやすく出てくるので間違いないです。
タクシーはアプリで簡単に呼べます。
”my taxi(マイタクシー)”と”Uber(ウーバー)”のアプリを事前に入れておくととても便利です。お金はクレカでアプリ上で精算、道も間違ったところへ行かれずにすみます。ほとんどの国がこの2つのアプリが主流となっています。※国によってはLyftも対応しています。
目的地を入力すると事前に料金がわかるので、2つのアプリを見比べて見るのがいいかもしれません。参考までに、私の紹介コードを載せておきます。初回割引になります。

Uber(ウーバー): 7qx8vfv5ue
Lyft(リフト): MIZUHO559434

レストラン検索アプリ

レストラン検索は“yelp”というアプリがおすすめです。日本でいう食べログのようなものです。日本ではあまり流行っておりませんが、海外では多くの方が利用しているため、レビューもたくさんあり参考になります。国によっても違いますが、ファーストフード、カフェから高級レストランまで掲載されています。ちなみにこのアプリはレストランだけでなく、ガソリンスタンドやドラッグストア、美容院や買い物スポット、、、かなり多くの情報を手にすることができ、おすすめです。

以上でヨーロッパ周遊は終わりますが、たんまり溜まっている旅日記をまた徐々に書いていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました