スイスで購入した炊飯器と電子レンジ

スイス生活

今週は天気が悪い一週間となりそうなスイス。だんだんと寒くなってきて現在昼間の気温は8度。暖房を使い始めたので室内は暖かく快適です^^

さて、生活に欠かせない電化製品。冷蔵庫・オーブン・食洗機は備え付けられているので大助かりですが、今回スイスで購入した炊飯器&電子レンジについて書いていきたいと思います。

日本から持ってきた炊飯器が壊れた

日本からせっせと持ってきた炊飯器。一人暮らしで使用していたので、小さめサイズの3合炊き。(思い返すと10年くらい使ってる〜^^;)
スイス旅立ち前に日本から良い炊飯器を買って行きたかったのですが、時間や荷物に余裕もなく・・。とりあえずあるものを持って行って、一時帰国の時に考えよう。と思っていました。

スーパーでお米を買ったのでさっそく炊いてみることに。(お米に関してはまた改めて✴︎)炊飯器をコンセントに刺すと、なにやらエラーコードが。説明書は持ってきていないのですが、電圧が合わないのかな〜と推測。(使う前に気付くべきでした。)
ひとまず変圧器がないと始まらなさそうなので変圧器を注文。届いた変圧器に大喜びしながら炊飯器をつないでみると・・正常に作動💞ワクワクしながらスタートボタンを押します。ピーという音とともに炊飯が始まりました。

〜10分後〜

全ての表示が消えています。どのボタンを押しても作動しない。それから、炊飯器が作動することはありませんでした。突然のお別れとなってしまった炊飯器。今までありがとう。

新しく炊飯器を探してみる

何としても炊飯器が欲しい。主食のお米を美味しく食べたい。しばらくは鍋でお米を炊いていましたが、ボタンひとつで炊き上げてくれる炊飯器は最高な商品だと実感しました。
日本ブランドのものを購入できたら・・と思っていましたが、ヨーロッパのコンセントに合う日本ブランドは不可能に近い・・。かといって日本から送ってもらって、日本の商品を使ってまた壊れたら悲しいし・・。「rice cooker」と調べても、出てくるものは知らないブランドばかり。海外で有名な家電メーカー・・これぽっちも知らなかった(T . T)

ヨーロッパでは鍋のような蓋がついた炊飯器が主流なのか、検索するとそればかりが出てきました。
そんな中で目に留まったのが、ティファールの炊飯器。正しくは、マルチクッカー。炊飯器と同じ形をしていながら、45種類の調理ができてしまう優れもの。お値段も他の炊飯器に比べると倍近く^^;
でも海外で多い、薄い釜ではないし、タイマーもついているし。他の用途にも使えて、絶対価格以上の価値があると推測。レビューもなかなか良い。(でも炊飯器に関しては日本人のレビューを見たかったのが本音・・。)日本でも同じみなブランドだけに信頼度も高め。1日考えて購入を決意。

お値段は約120スイスフラン。日本円だと13,200円くらいかな。日本の良い炊飯器に比べたら安いと感じる人もいるかもしれません。

新しい炊飯器が届いた

待ちに待った炊飯器。大きなダンボールがマンションのエントランスに届いていました。誰かとって行ってしまわないのかな〜。心配になりますが、そんなことスイスではありえないよ^^と自信満々な彼。笑

さて、ダンボールを開けると大きな箱が。

箱を開けると発泡スチロールに包まれた炊飯器。(発泡スチロールが至る所に砕けついてしまっていてちょっぴり大変でした。)

ジャジャーーン!!

少し大きめですが、美しいフォルム。

厚く丸い釜です。

付属品はこちら。

これ以外にお米の計量カップもついてきました。180mlの計量カップをスイスで見つけることはかなりの難しいので、セットでついてきて大助かりです!!右の穴の空いたトレーは蒸し料理で使えるようです。

まだ、お米を一度しか炊いていませんが、鍋で炊くよりももちもちとした食感のお米に生まれ変わりました。幸せ。
使いこなしていませんが、ティファールのマルチクッカーを購入してよかったと早くも満足です。

電子レンジ購入先

併せて、電子レンジも紹介します。
電子レンジの購入先はLidl(リドル)です。日本では馴染みがないですが、世界に8,000もの店舗も持つ、ドイツ生まれの格安スーパーです。このリドルが、私のお家の近くにあります♪リドルでは食品だけでなく、家電や衣料品、生活雑貨に至るまで取り揃えています。(毎週届くチラシを楽しみに過ごしています・・。笑)

そんなリドルで購入した電子レンジ。

「SILVER CREST」というメーカーのものです。
お値段は約80スイスフラン。日本円にして約8,800円ほどです。

食品ごとの温めに対応していて、普通に使う分には満足です。
電子レンジのない2週間、かなりきつかったです。電子レンジもかなり重要な役目を担っていると改めて実感。

炊飯器と電子レンジのおかげで生活が潤いそうです。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました