スイス最大の移動遊園地 秋祭り”ヘルプスト・メッセ”

スイス

バーゼルで行われる「Herbst Messe(ヘルプスト・メッセ)」
10月後半頃から、バーゼルの街には16日間限定の移動式遊園地が現れます。日本では馴染みがないので、「移動式遊園地」という響きがなんとも不思議。そんな遊園地を楽しみに、各地から大勢の人が遊びにきます。

ヘルプスト・メッセ

移動式遊園地と聞くと、街の一角で小さなイベント程度を思い浮かべてしまうのですが、街全体が遊園地になる大規模な催しなのです。バーゼルの街中、8カ所が会場となっているので、歩くたびに新たな遊園地を見つけられるでしょう。
スイスの中でも最大級で、このイベントを目掛けて各地から観光へやって来ます。

シンボルとなる観覧車

バーゼルシティの中心地にこの観覧車が目印となって現れます。

こんなにも大きな観覧車が移動してくるなんて・・信じられません。
そんなシンボルとなっている観覧車に乗ってみました。日本の観覧車とは違って、速いです!4-5回転くらいしてくれるので、バーゼルの街並みとライン川の美しい景色を楽しむことができます。

常設にしてくれたらいいのにな・・と思ってみたり。

この日は3時間でほとんどの会場をみて回りました。駆け足だったので、じっくり見るともっと時間がかかってしまいそう。

乗り物だけじゃない!飲食もこのイベントの見所

乗り物だけでなく、食べ物や飲み物、雑貨などの出店がずらりと並んでいます。
チーズ料理からスイーツまで、スイス料理を堪能できます。スイス人の多くは、子供の頃はアトラクションを楽しむ、大人になったら飲食を楽しみに行くと言ってきました。
私が食べて個人的に美味しかったもの。
サクサクのパンの上にとろ〜りチーズが乗ったトースト。


寒い外でとろとろのチーズが最高に美味しい!お祭り以外でも食べれるところを見つけたいくらいです^^

ホットワイン。個人的にお気に入りな飲み物。普通のワインよりもアルコールを感じず、飲みやすいです。体の中から温まり、冬にぴったりです。

ここはスイス人に人気なスイーツ店。日本では見慣れない洋菓子が売っています。


私個人的には・・好みとは言いづらいのですが、現地のスイーツを楽しみたい方におすすめです。
ここのが1番美味しいのだそう。

屋内会場では雨の日でも楽しめる

この会場のほとんどが屋外となりますが、室内の会場もあります。室内の会場でもアトラクション・出店があるので、雨宿りをしながら楽しむことができますね。(お手洗いもここで済ませることができます。)
アトラクションは、室外に比べて小規模なものが多いので、お子さんがいらっしゃる方におすすめです。

ライトアップされる夜の雰囲気

夜のムードは最高に素敵。全てのアトラクションや出店がライトアップされるので、街がネオンカラーに包まれます。バーゼルの街が一気に明るくなり、いつも以上に賑わいます。


昼間と夜、全く雰囲気が変わるので両方訪れてみるのもありかもしれません。

11月のスイスの夜はすっかり冬です。今年は4度前後だったので、夜まで遊ぶ際にはしっかりと防寒をしていってください。

10・11月の目玉イベント

普段はゆっくりと時間の流れる、落ち着いたバーゼルの街が、この16日間は特別なお祭りムードに。
2週間ちょっとと限られた日数ではありますが、10〜11月にスイスへ訪れる予定の方はぜひ足を運んでみてください。
クリスマスマーケットは11月末からですが、その前にも特別なバーゼルの街を味わうことができますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました