留学準備〜エージェント選び / VISA手続き / 事前準備〜

留学

全く無知だった留学するための準備。
留学へ行くと決めたものの、長期留学の場合は手続きなしに簡単に行けるものではありません。留学を決めてから、1番重要な学生ビザ取得やエージェント選び、実際に持って行ってわかった必要なものなど、留学前の準備段階を書いていきます。

エージェント選び

私はまず情報収集から始めました。毎日ひたすらインターネットで調べたり知人に聞いたりしていました。これを読んでくださっている方の中にも留学を考えている方は多くいるのではないでしょうか。
ネットで見て、ある程度行きたい学校に目星をつけてから無料のエージェントへ足を運びました。正直“無料”って響きに何か落とし穴があるんじゃないかと構えて行ったのですが…笑 でも行ってみて担当の方が本当に優しくて親身になって相談に乗ってくれたので、自分の不安だったビジョンが明確になりました。
エージェントは紹介先の学校からお金をもらっています。その為、私たちには無料で対応をしてくださっています。
なら直接学校と契約の方が安いんじゃ?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、料金は変わりません。それなら面倒な手続きはやっていただけた方がありがたいですよね。(わからないことだらけですし…)

エージェントの方には本当に沢山助けてもらいました。不安なこともどんどん解決しました。そしてワクワクも与えていただけました。エージェントも沢山あるので比べてみようって思って心構えをしていったのですが、その場でそこのエージェントに決めました。

担当の方も他のスタッフの方も良い方ばかりです。
私が行ったのは”留学情報館”というところ。ロサンゼルスにも支店があり、そこにもお邪魔し、いつもアドバイスをくれて心強かったです。迷っている方はぜひ参考にしてみてください^^

有料のところへは行ってないのでわからないのですが、コストを抑えたい方は無料の所で十分なのではないかと思います。※無料でもビザの申請には申請費がかかります!

必要な期間

私は3月からの留学を希望していて、エージェントに相談に行ったのは11月頃。3ヶ月とちょっと前😅なかなか遅かったようです。
何が大変かってビザ取得には時間がかかるからです。大使館にも休みがあったりビザを取る前に書類を書いて提出したり予約をしなくてはいけないのです。
私は東京に住んでいたので、これがまた混むそうで。。
それ以前に留学先の学校にお金を払ってI-20を語学学校(アメリカ)から送ってもらったり、とやることは山ほどありました。(学校に通っている証明となるI-20。これがないと始まらないのです。)

私は完全に甘く見ていました。

でもここでもエージェントの方が助けて下さり、私がやったことは
お金を振り込んで写真屋さんで写真を撮って(学生ビザ用)書類を書いたのみです。厳しいビザ用の書類の書き方も、わからないところはエージェントの方が教えてくださいました。泣

学生ビザの面接

緊張したアメリカ学生ビザの面接は在日アメリカ大使館で行われました。
駅から15分くらい歩いたのですが、大使館の荷物チェックは厳しく、駅のロッカーに電子機器(携帯、Wifiなど)と刃物(携帯用の小さなハサミ)を入れてきてくださいと言われまた駅に戻る羽目に…。
列をなしていただけにいち早く並びたく、(仕事に戻らなくてはならなかったので)知っておきたかった事実でした。
中に入ってからは割とスムーズで(人は沢山いますが)一人ずつ映画のチケットカウンターのようなところに呼ばれて立ったまま面接をしました。この時全然英語を話せなかった私はすごく不安でしたが、面接官の方が日本語を喋れる外国人の方だったので日本語で面接は済んでしまいました。笑

後日自分のパスポートに学生ビザが印字されたものが届きました。ビザが届いた嬉しさとともに(こんな写真撮ってる位だから笑)

写真館で撮った写真がひどかったことしを思い出してそっとパスポートを閉じました笑

留学事前準備

そこからは個人的な処理ばかりで、
・航空券を取ったり、
・役所に行って海外転出届けを出したり、
・国際免許をとったり。
何より大変だったのは引っ越しでした。7年間した一人暮らしの荷物を1人でまとめるのはなかなかの体力勝負でした。笑 留学の荷物準備はほとんど前日にやりました。真似しないでください・・。

服のほとんどは捨てれるものを持っていき(ほぼ夏服)、そして食材やシャンプーリンスなどを多く持って行きました。これは間違いでした。笑
まず、”ロサンゼルスはずっと暖かいと思っていました。”
ところがは普通に寒いです。長袖やジャケットが必要です。

食材は日本食スーパーが沢山あるので大概は困りません。特に私は重い液体物の調味料を持ってきたのでその分他の物を持ってくればよかったかなと思ったり。笑(日本よりは高いですが)
シャンプーリンスは持ってきて後悔していません。
ロサンゼルスは意外と日本の物が手に入りやすいです。これといって必要なものはないのかもしれません。
帰りの荷物は必然的に増えるので、荷物は消耗できるものだといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました