【オーストリア】アウトレットでブランド物を安くゲット

アウトレット

ヨーロッパ周遊、観光編をまとめてきましたが、今回は少し番外編です♪
着いた国は…オーストリア・ウィーンですが、着いて早速アウトレットへ行ってきました😊
ヨーロッパ出身のブランドをヨーロッパの中のどこよりも安く買えるアウトレット。日本では買えない商品や日本ではありえない価格で買い物ができてしまいます♪

ウィーンの近くにあるアウトレット

私たちが行ったアウトレットは”マッカーサーグレン・デザイナーアウトレット・パルンドルフ”です。ウィーンの中心地からほど近くにあります。

営業時間
月〜木 9:30-19:00
金      9:30-21:00
土   9:00-18:00
 ※日曜は定休日です

※2017年7月現在の情報です。

交通手段

ウィーンの国立歌劇場から月~土曜日まで毎日シャトルバスが運行しています。駅からは遠いようなので、バスかタクシーをおすすめします。(電車とタクシーでも行けます。)私たちはUberでタクシーを呼びました。ホテル(ウィーン中心地)からアウトレットまではUberで55ユーロでした!(人数が多い方はお得にいけますね。)幸運なことに、行きのドライバーが帰りまで待ってくれるとのことで、帰りも同じドライバーの方にお願いしました😊
レンタカーという手もありますが、この日は土曜日なこともあって、アウトレット渋滞がありました。早朝でない限り、駐車場に車を停めるのに時間がかかるかもしれません。

見逃せないブランドの数々

ここには150以上ものブランドが揃っています。ハイブランドからカジュアルブランドまで種類豊富です。とても見ごたえのあるアウトレットなので、まわるのに時間がかかります。
私たちのお目当てはGUCCCI・PRADA・MIUMIU・FRULA・MONCRER・BURBERRYでした。
ヨーロッパのブランドは日本の価格の半額以下で買えてしまいます。

グッチ-GUCCI-

グッチはアウトレットプライスコーナーと、さらにディスカウントされているコーナーがあります。
アウトレットプライスコーナーでも十分安いのですが、ディスカウントコーナーではさらに安いです。激安です。100ユーロ以内でキーケースや、120ユーロくらいで財布が買えちゃったりします。しかしこのディスカウウントコーナーでは数が限られていたり、デザインが微妙なものも多いですが、タイミング次第で掘り出し物が見つかるかもしれません。ディスカウントでなくても、アウトレットプライス商品でも十分安いです。日本の半額、もしくはそれ以下で買えるのではないでしょうか。
グッチのアウトレット商品はショーケースに入っており、値段も表に出ていないので、その都度スタッフの方にお世話になる必要があります。

プラダ-PRADA- ミュウミュウ- MIUMIU-

プラダとミュウミュウのアウトレットは一緒になっています。メインはプラダで、一角にミュウミュウが入っている感じです。
ここもとっても安いです。日本の半額以下で買えてしまいます。キーケースは約100ユーロ、財布は約190-290ユーロでした。種類、カラー共に豊富ですが、日本で人気のあるデザインは少なかったように思います。それでもとっても可愛くて目移りしてしまいます。。笑
アウトレットではないオーストリアの正規店で同じ商品を倍の価格で見つけました。(アウトレット以外で買えなくなってしまいますね😵)

フルラ-FRULA-

日本で人気上昇中のフルラも安いです。お財布は120ユーロ前後です。物によってはバッグもそのくらいの価格で買えてしまいます。フルラはショーケースなどには入っておらず、気軽に実際に手にとって見ることができます♪

モンクレール-Moncrer-

モンクレールでダウンを買いたかったのですが、レディーズのモンクレールはあまり良いデザインが少なく、特にダウンの種類がとても少なかったです…。これは時期にもよるかもしれません。
メンズのTシャツやポロシャツは90ユーロ程で買えて、おしゃれなデザインが多かったです!

バーバリー-BURBERRY-

それなりに安かったです。特にコート類が種類豊富で、値段も安かったです。小物系は定番デザイン系以外があったように感じました。定番のマフラー(定番カラー)はどのアウトレットでもみたことはありません。メンズのスーツは500ユーロで上下が買えてしまう驚きのプライスです。

 

免税手続き(TAX Refund)

ヨーロッパへの訪問者はタックスフリー(免税)になります。買い物をした際に、タックスフリーにできる用紙をその都度いただかなくてはいけないので、絶対に忘れずに!!!
ここオーストリアでは約10%、5万円買ったら約5千円返ってきます。これは大きいですね。アウトレットのみならず、一般のお店でもそうです。
アウトレットでは、その場で手続きできるものと、日本への帰国時に空港で申請する2種類があります。グローバルブルーはヨーロッパを出るときでないと手続きできないので、私たちはヨーロッパ周遊最終国で一気に手続きをする予定です。

注意点

注意していただきたいのがやっぱり“スリ”です。
買い物中は注意が散漫してしまいがちですが、アウトレットにもいます。後ろポケットに携帯電話を入れていた友人は店から次の店に行く一瞬の隙に取られました。なかなか大きめの携帯でポケットもタイトなので気付きやすいかと思いきや、プロはやっぱり違いますね。幸運にも、それを見ていた人が、その犯人を捕まえてインフォメンションセンターへ届けてくれました。
ヨーロッパにスリがいる分、優しくて勇敢な方もたくさんいるのですね。結果戻ってきたので何事もなかったかのように過ごせましたが、海外で携帯を失うと大変です。身の引きしまる体験でした!

ヨーロッパブランドをお得に買いたいのであればアウトレットへ

ヨーロッパのお店ではヨーロッパ出身のブランドが安くには入りますが、アウトレットはさらに別格です。とにかくお得に買い物をしたい方、時間に余裕のある方には本当におすすめしたいスポットです!!マッカーサーグレン・デザイナーアウトレット・パルンドルフは広大で見応えバッチリなので、1日中買い物を楽しめますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました